数理情報工学科 新着情報
Mathematical Information Engineering News

We also would like to hear from you.

数理情報工学科の古市教授が実行委員長を務めた「第5回シリアスゲームジャム」(主催:日本デジタルゲーム学会教育SIG)が2016年12月10日,11日の2日間,東京・立川で開催され,数理情報工学科から12名(細川研究室角田研究室古市研究室所属の3年生及び1年生に加え,2名はオランダのアムステルダム応用科学大学からの留学生2名(岡研究室及び古市研究室所属))が参加し,世界6カ国の学生及び社会人の皆さんと一緒に5本のシリアスゲームを2日間で開発しました.今回のテーマは「みんなのバリアフリー」,バリアフリーに対する関心を高めることを目的としたシリアスゲームを開発しました.数理情報工学科の12名は3つのチームに分かれて開発を行い,3チーム総てが以下の各賞を受賞しました!

  • 優秀賞(Excellent VR Award)受賞,チーム:JABBEST, 作品:バリアーからの脱出VR
  • バリアだらけに建ててしまった家を,主人公の車椅子ユーザーが愛する人と暮らすためにバリアフリー住宅へと改装していくゲーム.通常の家にはどのようなバリアが存在するのか/対処法を学べる.
  • 優秀賞(Excellent Design Award)及び優秀賞(Excellent Research Award)受賞,チーム:音,作品:BLIND MAZE
  • 真っ暗闇のなか鍵を紛失してしまったため,物にぶつかったり壁に擦ってしまったりを音で方向を認識しながら進み場所を探し当てるゲーム.真っ暗な場合と明るい場合の両方で体験できるので,視覚障害の住む世界を疑似体験しながら学べる.
  • 特別賞(オランダ王国大使館 Dutch Award)受賞,チーム:KEEL,作品:Go! ペティル Go!
  • 地球の重力に耐えられず車椅子になった宇宙人ペティルが,宇宙に帰るために地球をバリアフリー化しながらバラバラになってしまった宇宙船の部品をかき集め宇宙に戻るゲーム.街中の何気ないバリアをバリアと認識し,ハード面やソフト面での対処法を学べる.
English French German Italian Portuguese Russian Spanish
Flag Counter

Search