2018年11月26日(月)に日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館6階のCSTホール(神田駿河台)でシンポジウム「e-sportsは日本を変える!?」が開催され,数理情報工学科の古市教授が 「e-sportsを新産業として開花させるには」というテーマでパネルディスカッションのモデレータを担当しました.本シンポジウムは(一般社団法人)コラボ産学官が主催し,日本大学が共催,約150名の参加者が集まり,活発な討議がなされました.

討議はTwitterとも連携し, その時のツイート記録はTogetterでご覧いただけます.

以下は開催案内の一部です.

プログラムの前半では,来年開催される茨城国体でe-sportsが国体文化プログラム競技として取りあげられますが,その趣旨を茨城県国体・障害者スポーツ大会局様よりご講演いただくとともに,デモンストレーション対戦(ウィニングイレブン)を予定しています.また,後半のパネルディスカッションでは「e-sportsは新産業として開花させるには」と 題して,e-sportsが事業としてどのような将来の可能性を持つのかを,4つの切り口から展開してまいります.

e-sportsに感心のある各企業や研究者の皆様はもちろんのこと,e-sportsのプレイヤ及びこれから始めようと考えている学生の皆さん等,多数の皆様のご参加をお待ちしております.参加費は無料です.参加の申し込みは,以下のバナーをクリックして申し込みフォームにご記入下さい.

第2回シンポジウム「e-sportsは日本を変える!?」

日 時:2018年11月26日(月)13:00-19:00

場 所:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館6階 CSTホール 神田駿河台1-8-14

 プログラム:   

  • 13:00~13:05 開会挨拶
  • 13:05~13:30 基調講演1:経済産業省 商務情報政策局 コンテンツ産業課 課長補佐(産業戦略)吉丸尚宏 氏

・「コンテンツ産業の現状と未来 ~eスポーツの発展に向けて~」

  • 13:30~14:30 基調講演2:茨城県国体・障害者スポーツ大会局総務企画課 参事兼課長 西野浩二 氏

・eスポーツで茨城の魅力を発信!「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2018 IBARAKI」の開催に向けて, デモンストレーション:国体文化プログラム競技「ウィニングイレブン」対戦(予定)

  • 14:30~14:50 学生によるプレゼンテーション~e-sportsの基礎知識、ジャンルの紹介など~

(休憩 10分間)

  • 15:00~17:00 パネルディスカッション(討論会)

テーマ:「e-sportsを新産業として開花させるには」

モデレーター:日本大学生産工学部 数理情報工学科 教授 古市昌一氏
アシスタント:ポノス(株) トンピ? 氏(e-sportsキャスター)
パネリスト:
・国立病院機構八雲病院 作業療法士 田中栄一氏
・合同会社DMM GAMESより
・日本大学文理学部 情報科学科 准教授 宮田章裕氏他
コメンテーター: 
・株式会社SQOOL代表取締役 加藤賢治氏(ゲームジャーナリスト)
・日大e-sportsサークル代表  amahuku氏  
  • 17:00-17:30  質疑応答およびアンケート記入
  • 17:30-19:00  交流会(同会場) 

参加申込み:コラボ産学官HP(http://www.collabosgk.com)から(e-sportsは日本を変えるのバナーをクリック)

【本件に関するお問合せ先】 一般社団法人コラボ産学官 事務局 [担当:工藤、杉原] Tel:03-6265-4861 E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Flag Counter

  • 数理情報システムコース
  • 定員50名
  • 2年前期決定
    一部少人数クラス
    IT/AI/自動車/通信等各企業を目指す学生多数
    数学教員を目指す学生も多数
    各種検定受験を推奨
    大学院進学者も多数
  • メディアデザインコース
  • 定員50名
  • 2年前期決定
    一部少人数クラス
    IT/AI/出版/広告/Web/ゲーム/映像システム開発等クリエイティブテクノロジ企業への就職を目指す学生が多数
    全員CG検定を受験
    大学院進学者も多数
  • 情報工学コース
  • 定員40名
  • 1年前期決定
    少人数クラス
    IT/AI/通信/電機/半導体メーカ等を目指す学生多数
    卒業時技術士補を取得
    基本情報処理技術者試験等を受験
    大学院進学者も多数
  • 大学院数理情報工学専攻
  • 定員10名
  • 前期博士課程(2年)・後期博士課程(2年)
    少人数クラス
    各業界研究開発職を目指す学生多数
    仕事をしながら博士号を目指す社会人博士後期課程学生も多数

問い合わせ先

E-mail
hata.miyuki@nihon-u.ac.jp
郵便番号
275-8575
住所
習志野市泉町1--2-1

アクセス

数理情報工学科は津田沼校舎に位置します

JR(総武快速)津田沼駅下車
京成バス 4番乗り場(三山車庫・二宮神社・八千代台駅行)または
5番乗り場(日大実籾行) 約10分 日大生産工学部下車
京成本線京成大久保下車徒歩10分
普通または快速を利用,特急、通勤特急は止まりません
京成津田沼より3分, 京成船橋より9分, 京成上野より39分

マップ