2019年度研究室所属学生数

  • 博士後期
  • 1人
  • 古市が2009年に日大へ着任して以来3名の博士号学生を指導,現在4人目を指導中.4名中3名は在職ドクタ(会社に勤めながら在学して学位を取得)
  • 博士前期
  • 4人
  • 現在は1年生に2名,2年生に2名が所属し,1名がモデリング&シミュレーション(交通,歴史),3名はシリアスゲーム(英語学習)を担当しています.
  • 学部4年生
  • 12人
  • 男子7名,女子5名が在籍中で,うち1名はオランダのユトレヒト芸術大学に1年間留学中です.
  • 学部3年生
  • 10人
  • 男子6人,女子4名が在籍中で,1名は台湾の中国科技大からの交換留学生です.
  • 2年生
  • 0人
  • 2年生の皆さんはまもなく研究室配属を控えています.その時になって慌てることのないよう,2年生の間に多くの研究室を訪問してみましょう.古市研はいつでも見学OKです!.
  • 1年生
  • 0人
  • 古市研に興味のある1年生の皆さん,古市研では伝統的に1年生を対象としてプログラミングを学習するイベントを沢山用意しています.まずは一度研究室の扉をノックしてみませんか?
フィンランドに本拠地を置く国際学会DiGRA (Digital Game Research Association)が年に1回開催する国際会議 DiGRA 2019 KYOTO が,本年8月6日~10日に京都の立命館大学で開催されます.そのための準備を2018年の5月頃から古市研究室では1名の学生と2名の教員が行っており,まもなくそのプログラムができあがる予定です.ポスターのデザインを担当したのはユトレヒト芸術大学(HKU)からの留学生ナディア,Organizing ComittteのメンバとしてHPの運営等を担当するのは粟飯原先生,Program Committeeを担当するのは古市先生です.世界中から500名を超えるゲームの開発者と研究者が集まる学会,ゲーム開発を学ぶ学生にとってはまたとない国際会議に参加するチャンスです.初日の8月6日は,DiGRAの日本支部である DiGRA JAPAN夏季大会も共同開催,どちらも現在参加者受付中です.