古市研究室 新着情報
What's up!, the latest news

 

3年生の王さんが国際大学生ゲームジャムで優秀参加者賞を受賞

2018年6月8日から10日まで中国・長春市の吉林動画学院行われた国際大学生ゲームジャムで,古市研究室所属の3年生の王さんが,河北美術学院及び吉林動画学院の学生と組んだチームNew Beeのメンバとして優秀参加者賞を受賞しました.おめでとうございます.48時間で制作したゲームは PathFinder. シルクロードを旅するAnnaが,旅の日記をたよりにシルクロードの各国を旅して財宝を収集する3Dアドベンチャゲームです.

続きを読む...

3年生が国際大学生ゲームジャムに参戦中

2018年6月8日から10日に中国・長春市の吉林動画学院(Jilin Animation Institute)で行われている国際大学生ゲームジャムに,古市研究室所属3年生の留学生2名が参加し,4カ国から集まった総勢73名の学生が48時間でゲームを制作中です.スタッフとして参加中の古市教授が,現地よりレポートします.

国際大学生ゲームジャムの会場入り口前

中国・吉林省の長春市は,多数のアニメーションやゲーム制作会社が集まっていることから中国東北部のクリエイティブ・テクノロジー都市として知られている. この産業を支える人材育成を行っているのが吉林動画学院であるが, 創立は2000年と,大変若い私立大学である. 本大学は,本ゲームジャムの主催者であるゲーム学院(School of Games),アニメーション芸術学院(School of Animation Art), コミック学院(School of Comics),インダストリアルデザイン学院(Shool of Industrial Design)をはじめとする12の学部を備える総合芸術大学で約12,000人の学生が学んでいる.

国際大学生ゲームジャム会場の中

本ゲームジャムは今回が3回目であり,中国からは5大学39名[吉林動画学院(28名),吉林芸術大学(4名),河北美術大学(4名),金稜科技大学(2名),吉林師範大学(1名)], 韓国からは3大学21名[金浦大学(3名),広州大学(12名),全州大学(6名)],シンガポールからは1大学11名[Nanyang University(11名)],日本からは1大学2名[日本大学(2名)]の総勢73名が4カ国の10大学から集まった.

開会の挨拶をするユン学院長

開会の挨拶でゲーム学院のユン・ヒョンソプ(윤형섭,Hyungsup Yoon,尹炯燮)学院長は「School of Gamesは現在1,464名の学生がゲーム制作 を学んでおり,中国のゲーム産業成長に大きく貢献していると実感している.今後5年間で世界一のSchool of Gamesを目指して成長を続けていく」と 述べた.また,本ゲームジャムへの参加が今回2回目の金浦大学ゲームコンテンツ学部のKwan教授は,「本ゲームジャムは,アジアの各国でゲームを学ぶ学生同士が出会って一共同でゲームを制作するとても良い機会である.今後彼らの主導による国際共同制作によるゲームが市場に出てくるのが待ち遠しい」と,将来に向けての期待を述べた.

テーマの発表を聴く2名の古市研学生

開会式の後,「How to make games in 48 hours (48時間でゲームを制作する方法)」というタイトルで Kiteok Nam氏(01楽研究所のシニアリサーチャ)による講演が行われ,その中で今回のゲームジャムのテーマが「Silk Road」と発表された.その中で氏は「ゲームを通してSIlk Roadの何をプレイヤに伝えたいか,それを考えてゲームにするのが君たちです」と締めくくった.

チームの編成中

チームの編成はさながら魚市場の競りの様相

その後行われたチーム編成では,3校以上の学生から編成する,1名以上外国人の学生を含める,最大5〜6名で編成するという条件が示され,約1時間かけてチーム編成が終了し,11:30からゲーム制作が開始された.これから6月10日(日)10:50の作品等一式提出まで約48時間で15本のゲームが制作される.

制作中の様子

制作中の様子

2018国際大学生ゲームジャムへの参戦が決定

2018年6月8日から10日まで中国吉林省長春にある吉林動画学院で開催される2018国際大学生ゲームジャムへ,3年生の学生2名と古市先生が参加してきます.昨年の大会は2017年10月に実施され, 4年生の学生2名が参加して WeTapを開発した新井君が優秀賞を受賞しました.今年は韓国の公州大学,金浦大学,全州大学校,シンガポールの南洋ポリテク大学が参加する他,中国からは吉林動画学院、金陵科学技術学院,河北美術学院,吉林師範大学などが参加し,総勢約80名の学生が3日間でゲームを制作します.

本大会に参加するのは,各国の大学でゲーム制作を学んでいる学生で,その場でチームを構成して2泊3日で国際協力を通じて自分たちが学んで来た知識や技量を発揮します.言語や文化,そして学んだことも異なる中,未来のゲーム産業をリードする学生達が48時間でお互いに協力して創意力と技術力を発揮する経験は大変貴重なものです.日本大学から参加する2名の学生はシリアスゲームの企画力と英語によるコミュニケーション力を発揮することが予想され,どのようなゲームが3カ国共同のチームで制作されるか,大変楽しみです.

また,今回海外の大学からスタッフとして参加する数理情報工学科の古市教授は,2014年より数理情報工学科の粟飯原助手及び東京工科大の先生方と協力してシリアスゲームジャム(SGJ)を実施してきました.毎年夏に韓国POSTECで開催される国際シリアスゲームジャムにも2016年以後毎年参加しています.SGJは今年第7回目のSGJ7を開催するべく在計画中です.SGJは現在日本デジタルゲーム学会・ゲーム教育研究部会の公式イベントとして実施されており,運営ノウハウの国際間協力が今後更にすすむことが期待されています.

古市研究室の学生・卒業生及び将来配属を希望する学生の皆様へ

先日来,古市研究室の学生及びそのご家族の皆様は日本大学に関する報道を通してとても悲しい思いをされ,不安を感じていることと思います.このような事態となっていることに関して,組織の一員として深くお詫び申し上げます.

 古市研究室では,これまで学生の皆さんと共に "Let's save the World by the power of Games!"を合言葉として,世の中の様々な課題をゲームの力及びモデリング&シミュレーション技術により解決するための研究を行ってまいりました.特に,研究の魅力を学生の皆さんが開発経験を通して理解が深まるよう,研究課題の設定と時間管理については厳しく指導した上で学部3年次における学会発表達成を目標として掲げてまいりました.また,学生の皆さんが抱えている悩みや課題についても,個別に一緒になって考えて解決の糸口を見つけるよう,心がけて指導を行ってまいりました.

今後も,古市研究室ではこれまでと同じく一人ひとりの学生の皆さんと真摯に向き合い,皆さんが持っている能力を最大限に発揮できるよう指導を行います.その上で,生産実習(インターンシップ),就職,進学そして就職に向けて皆さんが抱えている課題等について,これまで通り一緒になって考えます.

 古市研究室の学生の皆さん及び将来配属を希望する学生の皆さん,そして卒業生・修了生の皆さん,今後も古市研究室では「古市研究室の学生であること,あるいは卒業・修了生であること」に対して誇りを持って社会に出ていけるような教育及び研究指導に取り組んでまいります.

2018年5月24日
日本大学 生産工学部
数理情報工学科 教授 古市昌一
数理情報工学科 助手 粟飯原萌

2018年度研究室配属用見学会実施中

2018年4月11日(水)13:00から研究室配属説明会が39号館408で行われますが,古市研究室の説明は6番目に行います.おそらく,13:40頃からになろうと思います.配属を希望する学生は,できるだけ次のビデオを観ておいて下さい.2017年度の3年生が古市研究室について語ってくれた研究室紹介ビデオです.

English French German Italian Nepali Portuguese Russian Spanish
Flag Counter

Impress CarWatch