古市研究室 新着情報
What's up!, the latest news

 

第50回学術講演会で4年生の新井君が優秀学生発表賞を受賞!

2017年12月2日(土)に生産工学部で第50回学術講演会が実施され,口頭・ポスター併せて405件の発表が行われました.数理情報工学科からも教員及び学生が発表を行い,4年生の新井恒陽君が優秀学生発表賞を受賞しました.学部全体では38名の学生が受賞し,そのうちの31名は大学院の学生で,学部生の受賞者7名のうち3名が数理情報工学科の学生,そのうちの一人が新井君でした!.

日大二中の生徒さん80名が研究室を訪問

古市研究室には毎年世界中から沢山の来客がありますが,2017年11月18日(土)には日大二中の生徒さん80名が訪問され,子供たちの協調性向上を目的としたシリアスゲームを体験していただきました.1本目は3年生が開発した体の動きの変化によって4人で音楽演奏を楽しむ「FloorPad」.2本目は大学院生が開発した二人でハイタッチをすることによって表示されるラインを使ってブロック崩しを楽しむ「Line H!tter」.3本目は4年生が開発した仮想空間上で大縄跳びの練習をする「とびとび」.今回この3本はいずれもジャンプする部分で大変盛り上がり,今後のデザイン改良の参考になる情報が沢山得られました.

第6回シリアスゲームジャムを12月16,17日に神田で開催します

シリアスゲームとは,世の中の諸問題解決を目的として開発されたコンピュータゲームのこと.今年も日本デジタルゲーム学会の教育研究部会ではシリアスゲームジャムを開催しますが,今回の実行委員長は数理情報工学科の研究生粟飯原萌さんが行います.テーマ(世の中の諸問題)は「えいごでコミュニケーション~English Please~」.2020年に改訂となる文科省の教育指導要領で導入される小学校3年生からの英語学習の時間,これをターゲットとして,家庭における親子のコミュニケーション促進を目的としてシリアスゲームを,ゲーム制作やソフト開発に興味のある各国の学生やプロの皆さんが集い12月16日と17日の2日間で制作します.どんな作品ができるか,楽しみですね!

次のページでは事前レクチャ動画をご覧いただけます.

続きを読む...

Kent State University ESLの所長他が古市研究室を訪問

日大生産工学部では海外の多数の大学と協定を結び,交換留学制度等を実施しています.その中の一つが米国オハイオ州にあるKent State Univerisy(KSU)ですが,2017年11月10日(金)にKSUのESL所長他が古市研究室を訪問され,3,4年生の学生の研究風景を見学されました.見学先の研究室ではオランダのアムステルダム応用科学大学(HVA)から1名の学生が2017年9月から2018年2月までインターンシップ学生として日本人の学生と一緒に「数理情報工学演習II」の一環としてシリアスゲームを開発しており,海外からの留学生と日本人の学生とが英語によりソフトウェアを共同で開発している様子をご覧になり,数理情報工学科は国際性の面からとても良い教育環境だとお褒めの言葉をいただきました.交換留学とは相互に留学することですが,数理情報工学科の学生で米国またはオランダの大学への留学を希望される学生は,是非とも事務室までお問合せください,数理情報工学科には海外で学ぶための様々なチャンスが用意されています.

八雲病院の田中栄一先生が研究室を訪問されました

北海道の八雲病院で作業療法士をされている田中栄一先生が2017年11月11日(土)に研究室を訪問され,ゲームのアクセシビリティ(高齢者の方は障害を持った方に対する配慮等)について情報交換をしました.田中先生はゲームやろうぜProjectを主宰され,視線入力やゲームパッド等の工夫を通して障害を持った方がゲームを楽しめるようにするための様々な工夫をされています.当日は「力の弱い障害を持つ方のゲーム操作」というタイトルでプレゼンをしていただき,任天堂のSWITCHを片手で操作するためのゲームパッド固定装置,マリオカートを視線入力で操作するデモンストレーション等を実演していただきました.今後,障害を持った方と健常な方とが一緒に楽しむことができ,障害を持った方が健常な方と対戦して勝つ場合があるようなゲーム及び入力装置の開発に向けて,うちの研究室のシリアスゲーム開発チームと今後も交流をすすめて参ります.

English French German Italian Nepali Portuguese Russian Spanish
Flag Counter

Impress CarWatch