Looking for Graduate Students

We are looking for graduate students who are going to enroll in the year 2020 (April 1, 2020). International students are very welcome. They have to be interested in Modeling and Simulation or Serious Game Design. If they have some special field of interest such as "disaster evacuation", "medical safety", "car traffic simulation", "future car development", "education of English/Mathematics/Cyber Security/etc", "visualization", "mindfullness", it would be helpful. If they have another field of interest, please let us know to discuss more.

古市研究室では,2020年4月に研究室へ配属される現在2年生の学生, 2020年4月入学予定の博士前期課程及び博士後期課程の大学院生を募集しています.大学院は新たに授業料等費用がかかるために進学を検討していない学生の皆さん,大学院へ進学するとTA,RAそして返還免除も可能な奨学金等も用意されている他,就職先の幅が大きく広がります.生涯年収を考慮した上で進学か就職を考えることをおススメします.

次のグラフは,これまで古市研究室への配属を希望した学生数と採用数の年次変化及びコース毎の採用実績人数を示します.グラフが示す通り,近年は希望者が全員採用される場合が多くなっていますが,これは配属前の研究室訪問時に面談を繰り返すことによると考えられます.また,右側のグラフが示す通り,各コースほぼ均等に採用されることがわかります.これは,モデリング&シミュレーションの研究には多様な人材がチームとなった方が良い成果が得られるからです. The graph below shows the number of undergraduate students who wished and who have actually enrolled.



NOTE: Please ask us the tips to join our lab.

Visitor Information

For those who visit our lab., please directly come to the office.

2020年4月に古市研究室への配属を希望する皆さんへ(2019年度現在2年生の皆さんへ)

研究室配属は,残り2年の学部生活を充実させるためのとても大事なイベントです.皆さんの配属先は,4月中旬水曜日の午後(2019年は4月17日(水)の3時限目でしたので,おそらく2020年は4月15日(水)になるのではないかと思われます),わずか90分の間に決まります.その時になって慌てることのないよう,そして,できるだけ多くの学生が第一希望の研究室に配属が決まるよう,一日でも早く研究室見学を開始することをお勧めします.

  古市研究室の見学は,年間を通していつでも受け付けています.2019年度の第4クオータの間,単独または友人の方と誘い合わせて見学すると効率良いと思います.講義の合間等に23号館509に直接来ていただくか,事前にメールでアポイントメントを取ってからお越しください.

機会があれば,他学科の学生が古市研究室を訪れた時の印象を動画にしたものがありますので,一度ご覧になると参考になります.「研究」という言葉が動画中に出てきますが,「研究とはなにか」については,先生から直接お聞きください.

古市研究室を知るには,先輩が開発したシリアスゲームを報じたニュースをご覧になると参考になるかもしれません.この動画は MU3Tableという名前の共同音楽制作卓ですが,アイデアは先生と学生が1時間ぐらいでとりまとめ,音源はすべて古市先生が用意し,基本的なプログラミングは学生が約2週間で行いました.基本的な動作の部分に関して高度なプログラミング能力が必要ないことは,動画をご覧になればわかっていただけると思います.古市研究室では,このようなプロセスを経て新しいシリアスゲームを学生がたくさん制作することができるようになります.

古市研究室には2019年春学期現在で22人の大学院生(修了生を含む)がおり,このうち4名は博士後期課程の修了生(うち1名は在学中)です.大学院へ進学する長所は沢山ありまずが,短所の中で代表的なものは学部卒業後更に必要な2年間の学費です.しかし,以下の動画からわかるように,大学院の2年間で必要や学費約240万円は,古市研究室を修了した学生の中で貸与型の奨学金を得た学生のほとんどは返還免除,すなわち修了後に返還しなくて良いと判定された学生がほとんどです.大学院で研究をし,その成果を学会等で発表する古市研究室の場合には,そのチャンスが多いということがわかってくれると思います.また,会社等に勤めながら自費で博士後期課程に入学した学生には,在学中の3年間毎年60万円(2年目からは50万円)の奨学金が大学から支給されます.ぜひとも,皆さんもモデリング&シミュレーションまたはシリアスゲームの研究を大学院で行い,修士号または博士号を目指しませんか?

古市研究室を知るには,先輩が3年生の時に開発したシリアスゲームが参考になるかもしれません.例え今現在プログラミングが不得意なあなたでも,半年後にはこのようなシリアスゲームを開発できるようになります.その秘訣は,研究室を訪問して先輩の皆さんから聞いてください.

Keywords

  • Modeling and Simulation - car traffic simulation
  • Modeling and Simulation - evacuation -
  • Modeling and SImulation -SENGOKU -
  • Serious Game for Education (math, cyuber security, English)
  • Serious Game for Medical Safety
  • Serious Game for Health and Welfare

Contact Info

Visitors are very welcome, please send an e-mail or phone call.
+81(47)474-2663
Nihon University, College of Industrial Technology, Department of Mathematical Information Engineering, Building #23, Room 509
1-2-1, Izumi-cho, Narashino, Chiba
275-8575 JAPAN
furuichi.masakazu (at) nihon-u.ac.jp

講義に関する質問は原則シラバス中に記載したオフィスアワーに行ってください.その他研究室見学,一般的な問い合わせはメールまたは直接研究室へお越しください.取材も適時受け付けています.