2019年度研究室所属学生数

  • 博士後期
  • 1人
  • 古市が2009年に日大へ着任して以来3名の博士号学生を指導,現在4人目を指導中.4名中3名は在職ドクタ(会社に勤めながら在学して学位を取得)
  • 博士前期
  • 4人
  • 現在は1年生に2名,2年生に2名が所属し,1名がモデリング&シミュレーション(交通,歴史),3名はシリアスゲーム(英語学習)を担当しています.
  • 学部4年生
  • 12人
  • 男子7名,女子5名が在籍中で,うち1名はオランダのユトレヒト芸術大学に1年間留学中です.
  • 学部3年生
  • 10人
  • 男子6人,女子4名が在籍中で,1名は台湾の中国科技大からの交換留学生です.
  • 2年生
  • 0人
  • 2年生の皆さんはまもなく研究室配属を控えています.その時になって慌てることのないよう,2年生の間に多くの研究室を訪問してみましょう.古市研はいつでも見学OKです!.
  • 1年生
  • 0人
  • 古市研に興味のある1年生の皆さん,古市研では伝統的に1年生を対象としてプログラミングを学習するイベントを沢山用意しています.まずは一度研究室の扉をノックしてみませんか?

2018年12月9日(日),15 日(土),16日(日)に東京神田神保町の国立情報学研究所で第7回シリアスゲームジャム "ゲームの力で世界を救え!"を開催します(日本デジタルゲーム学会主催,古市先生と粟飯原先生は副実行委員長).今回のテーマは「ゲームのアクセシビリティに対する理解向上」,参加者の皆さんがチームを組んで3日間で「障がい者と健常者とが同じ土俵で競うことができるデジタルゲーム」を制作します.募集の対象は,ゲーム制作を学ぶ学生に加えてプロのゲーム制作者の方やゲーム制作に興味のある一般社会人の皆さんです.特に,ゲームのアクセシビリティやユニバーサルデザイン等に興味のある方にとってはとても良い機会です.詳細はSGJ7のロゴ画像をクリックしてください.参加申し込みは12月1日正午,定員は30名です.報道関係者向けの見学時間等も設けてあります,リンク先ページの連絡先へお問い合わせください.


第1回~第7回シリアスゲームジャムのテーマと開催場所

2014/2, SGJ1: GREE (六本木) 英語学習
2014/6, SGJ2: LAC  (平河町) 社会人のためのサイバーセキュリティ - 標的型攻撃メール対処能力向上 -
2015/2, SGJ3: LAC (平河町) 子供のためのサイバーセキュリティ
2016/2, SGJ4: KLab(六本木)    サステイナブル社会に対する理解向上
2016/12, SGJ5: BeXide(立川)  アクセシビリティに対する理解向上
2017/12, SGJ6: JCreation(神田)英語学習と親子のコミュニケーション向上
2018/12, SGJ7: NII(神田)      ゲームのアクセシビリティに対する理解向上