2020年度研究室所属学生数

  • 博士後期
  • 3人
  • 3年生が1名,1年生が2名在籍してます
  • 博士前期
  • 2人
  • 2年生に2名が在籍してます
  • 学部4年生
  • 10人
  • 男子6名女子4名が在籍中です
  • 学部3年生
  • 募集中
  • 約10名の新学部3年生を募集中です

古市研究室で開発するシリアスゲームには原則オリジナルの楽曲を用います.代表的なのはMU3 Tableですが,元々即興演奏を想定したテーブルのため,これまで楽曲がありませんでした.この夏休み,先生がMU3組曲の制作をはじめたので,その一部を公開します.

2014年7月の本放送から約1年,今でもNHKオンデマンドで人気の番組が2015年8月3日に再放送されました.見逃された方はNHKオンデマンドでご覧ください.

2015年8月1日(土),日本デジタルゲーム学会主催のDiGRA Japan 2015 夏季研究発表大会 が生産工学部で開催され,数理情報工学科の学生多数が日頃の研究成果を3件の講演及びインタラクティブセッションで発表しました.発表タイトルは"IEEE Std 1516.3 FEDEPのシリアスゲーム構築法への応用(古市先生他)","加齢に伴う動体視力の低下防止を目的としたシリアスゲームの開発(上中君他)","シリアスゲーム型学習用教材構築法の提案及び開発の取り組み(粟飯原さん他)"の3件で,特に粟飯原さんのインタラクティブセッションでの発表は学生大会奨励賞を受賞されました!更に,メディアデザインコースの学生多数が聴講し,他大学の学生及びプロのゲーム開発者の皆さんとの交流を楽しみました.

また,会場運営は総て数理情報工学科の学生約20名が実施し,名札等の制作,会場設営,受付,ユーストリームによる会場からの実況中継,会場管理等総て執り行うことができ,参加者の皆さんからは賞賛の声が挙がりました.

日本デジタルゲーム学会主催の夏季研究大会が来る8月1日(土)に本学部37号館で開催されます.古市研究室からは3件の発表を行い,インタラクティブセッションでは多数のシリアスゲームをデモンストレーションします.当日はオープンキャンパスを開催中(39号館)ですので,受験生とご子息・ご兄弟等をお持ちの会員の皆様は,オープンキャンパスもご見学いただければ幸いです.

学会の様子は,8月1日(土)10:00より第一会場及び第二会場からUstreamで中継します.遠方で学会に参加できない方は,UStreamによるライブ中継でご参加ください.

今週水曜日頃から突如として研究室内で学生達が企画したゲームジャム,昨日(2015年7月4日土曜日)と本日2日間開催したゲームジャムには5チームが参加して腕を競いました.優勝したのは「チームスズキ」による”GUGURE”,準優勝は「チームバステト」による”うさぎとカメ”でした.その他の作品「3D Shooting (チームWindows)」,「人狼(チームWhiteWolf)」,「SongSignGenerator(チームウエナカ)」も将来の可能性を秘めており,自分達で自ら企画したゲームジャムとしては大成功でした.

2015年7月1日,来日中の米国イリノイ大学工学部長のDr. Andreas Cangellaris氏からのお招きにより,イリノイ大学日本同窓会(Japan Illini Club)の副会長として古市先生が都内で会食をされました.工学部内で最も新しい建物がECE(Electrical and Computer Engineering)に建った話等,最新の大学の状況に関して情報交換をされました.

本日(2015年6月30日)古市研究室では米国イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)からのゲストをお迎えしました.ご一行はまず落合学部長を表敬訪問され,その後に古市研究室へ来られて学生が開発した交通シミュレータやLineHo!ckey等をはじめとするシリアスゲームを見学されました.イリノイ大学からの訪問者は,昨年の芸術学部長による訪問に続いて度目です.

2015年6月23日(火),米国ミシシッピ州スタークビルに所在するミシシッピ州立大学(MSU)で,日本大学生産工学部とミシシッピ州立大学間の教育及び研究に関する覚書(MOU)の調印式が行われ,落合学部長を団長とする訪問団の一人として古市先生が調印式に参加しました.本覚書の調印により,今度両大学間での研究者及び学生の交流が促進します.学生の皆さんにとっては,留学先の一つとして考えることが可能となります.

数理情報工学科では数学教員を目指す学生が多く,古市研究室でも4年生がこの6月中3週間千葉県内の高校で教育実習中です.2015年6月19日(金),教育実習中の学生の,高校1年生数学の授業を参観させていただきました.単元は順列と組み合わせ.生徒には順番に質問し,答えを確認して理解度を確認しながら授業を進める大変良い授業でした.

日本大学生産工学部の恒例行事として定着した女子中高生のためのオープンキャンパスが2015年6月14日(日)に開催されました.学部の全体説明,模擬授業,そしてランチ体験の後は学科ツアー.参加者は昨年と比べて倍増し,説明会及び学生達が開発したソフトウェアの見学を行った古市研究室は,高校1年生から3年生まで超満員となりました.数理情報工学科は概ね1割程度が女子学生ですが,来年はこれを超えるかもしれませんね!今日の機会を逃した生徒さんも,入試センターに問い合わせれば適時個別に対応できますので,お問い合わせ下さい.

2014年度から古市研究室では名古屋大学の未来社会創造機構のパーソナルモビリティ開発チームの一員としてミクロ交通シミュレータの開発をしています.同じチームではパーソナルモビリティの実物大シミュレータを開発しており,2015年6月12日に行われた名古屋大学のNIC(ナショナルイノベーションセンター)開所式に併せて一般公開されました.その時の様子は翌日6月13日の朝日新聞朝刊一面等で紹介されました.本シミュレータの表示部分はイリノイ大学で開発されたCAVEをベースとしており,4面が4K表示されている世界初のシステムです!なお,背面はバックミラー等で見るのが目的のため,1K表示です.

We are looking for several graduate students who are planning to start master or Ph.D. degree from April 1, 2016. The following flyer is for Japanese students and the exam is going to be held on July 4th. For international students, please refer to the following links.

数理情報工学科の5階の廊下からは北の方向に筑波山が見えます.その前のタワーは陸上自衛隊第一空挺団の落下傘降下訓練塔,時々C-1輸送機から降下する落下傘が見えることもあります.

1年生の時から古市研究室で先輩達と一緒にゲーム開発等に取り組んできた2年生の木田君がリーダを務める4人組のチームEXTEN!が GlobalMath 2014コンテンストに参加し,数学的思考能力の一つである空間的把握能力の向上を目的としたシリアスゲーム EXTEN! が見事「ユニークダイスゲーム賞」を受賞しました!メディアデザインコース2年の木田君は企画とグラフィッカを担当,情報工学コース4年の大久保君(シニアアドバイさ)を筆頭に,メディアデザインコース3年の岡さん(グラフィッカ,CSS担当)及び数理情報システムコース3年の中原君(プログラマ)で,いずれも古市研究室で開催しているゲーム開発のためのプログラミング講座で集い,春休み中に世の中に役立つ教育用ソフトウェアを開発したものです.