古市研究室 新着情報
What's up!, the latest news

 

ゼミ教材(21)

【2010年度ゼミナール及び数理情報工学演習課題】Google Street Viewをスキー場 に応用すると,GoogleEarth上でスキーを仮想体験することができる.スキー以外への応用を考え,GE-APIで試作せよ.

研究室配属について

[dropcap cap=""]究室配属は3年次の4月に行われます.希望する研究室配属に向けての悩みは,いずこの大学でも同じのようです.当学科では,研究室に配属された後,「ゼミナール」(ゼミ)及び「数理情報工学演習」(演習)科目は,配属先の研究室にて行われます.すなわち,2011年4月13日(水)に行われるゼミと演習までに,皆さんは配属先を決めなければなりません.従って,それまでの間にH22年度の2年生(2011年4月から3年生になる皆さん)は研究室を訪問し,配属を希望する研究室を概ね決めておかねばならないのは言うまでもありません.

既に,私の研究室にはH22年度の1年生及び2年生の皆さんから配属について数多くの問い合わせをいただいています.問い合わせの多くは,どのようにして配属先を決めるのが良いか,アドバイスを求めたものです.2年生の皆さんにとっては,2月から3月にかけての2カ月が,4月からの配属先研究室を決めるとても大事な時期です.十分な時間があるこの機会に,皆さんが大学へ入った目的を達成できる研究室はどこなのか,じっくりと考えてみることをお勧めします.

当研究 室では2010年12月にオープンラボウィークを設け,多数の学生の皆さんに研究室訪問をしていただきました.2011年の2月と3月が,研究室訪問をする最後のチャンスです.まだ配属先について迷っている学生は,今後も自分が納得するまで繰り返し研究室を訪問してください.

また,当研究室においては,2年生の段階で弟子入りして先輩と一緒に研究することも可能ですので,大学における充実した研究生活を一日でも多くエンジョイしたい学生は,学年にこだわらず研究室訪問をしてください.

訪問に際しては,本ホームページ上の「研究室配属」のページを事前によく読んだ上でお越し下さい.

[/dropcap]

ゼミ教材(22)Tangible Music Table

Jonas Friedemann Heuer氏が開発したTangible Music Table "Noteput"は,音符を実際に指で持って動かせるところが,凄いですね.子供達の音楽教育にはバッチリです.しかし,本格的な作曲活動等に利用すると,いくつか問題点がありそうです.というわけで,本日のゼミ課題は「Noteputの問題点を挙げ,DiamondTouchを利用して実現する方法を提案せよ」,です.皆さんのアイデアの中から,協調型音楽制作卓に活かせるものがでてくるのを期待してます.ちなみに,このゼミ課題はメディアデザインコースの学生で当研究室への配属を希望する学生は,必ず研究室配属前に実施しておくことをお勧めします.

Noteput – Interactive music table from Jonas Heuer on Vimeo.

ゼミ教材(23) MASCHINE

来年度の3年生が新たに研究に取り組む「協調型音楽制作卓」の調査の一環として,2月27日に渋谷の楽器店でドイツのNative Instruments社のMASCHINEのデモを見学してきました.以下がそのプロモーションビデオです.ゼミでは,実際にMASCHINEをじっくり分析し,協調型音楽制作卓に対する要求定義をせよ,という課題を実施します.

 

続きを読む...

Cartoonized Prof. Furuichi

[dropcap cap=""]画伯(3年生)による "Cartoonized Prof. Furuichi". MDL-M&Sラボのディレクタは,最近こんな感じのようです.He has just started Twitter, and the newest two twitty appear on the right side of this page. If you want to know where is the Professor, why don't you check this out? He also tries to twit when students are working for their projects. You can use it to check if your friends are at Lab.[/dropcap]

{rokbox title=|Cartoonized Prof. Furuichi| }images/stories/photos/furuichi-cartoon-002.png{/rokbox}

続きを読む...

ゼミ教材(24)地震ハザードステーション

[dropcap cap=""]月3日(水)に防災に関する研究開発に携わっている知人が当研究室を訪問し,地震ハザードステーション(J-SHIS)について3年生の学生に紹介していただきました.J-SHISは(独)防災科学研究所が無償で提供しているサービスで,国内の活断層等に関する情報を,地図上でインタラクティブに見ることができます.[/dropcap]

本日のゼミ課題は,「大規模災害時における指揮官の意思決定訓練を目的としたシリアスゲームへのJ-SHISの活用法を提案せよ」です.検討に際しては必ず一度はJ-SHISをDiamondTouch(DT)の上で操作し,DTの特長であるユーザ認識機能を応用する提案をしてください.また,シナリオ検討時には,自分や親戚宅の活断層の様子をJ-SHISで確認し,その地域で大規模災害が発生した場合に自分が指揮官だったらどのようにするか,という状況付与を必ず与えて下さい.

情報処理学会全国大会での発表終了

[dropcap cap=""]報処理学会創立50周年記念全国大会が2010年3月8日~12日に東大の本郷キャンパスで開催され,当研究室からは3年生が次の3件の発表を行いました.おそらく,この3人が本大会の最年少だったのではないかと思います(確認手段がないため,未確認です).

{rokbox title=|武田智裕| }images/stories/photos/2010-03-09-takeda-dsc00305.png{/rokbox}

{rokbox title=|志甫侑紀| }images/stories/photos/2010-03-10-shiho-dsc00330.png{/rokbox}

{rokbox title=|佐々木夏朗| }images/stories/photos/2010-03-10-sasaki-dsc00349.png{/rokbox}

  • 3月9日(火)9:30~12:00 ペンとタッチ 座長 加藤直樹(学芸大)
    • 1ZF会場 1ZF-6
    • ”テーブルトップ型HMIによるチーム協調型ゲーム操作法の提案
    • ○武田智裕,芹澤元,古市昌一(日大)
  • 3月10日(水)9:30~12:00 災害時通信 座長 土屋隆司(鉄道総研)
    • 3ZC会場 3ZC-1
    • ”チーム協調型シリアスゲームにおける異種システム連携法の提案
    • ○志甫侑紀,花村成慶,菅原祐人,小林佳雅,古市昌一(日大)
  • 3月10日(水)15:30~17:30 ゲーム 座長 田中哲朗(東大)
    • 4T会場 4T-9
    • ”チーム協調型ゲームAI構築法の提案
    • ○佐々木夏朗,萩原佑亮,岩脇貴久,中山智博,古市昌一(日大)

詳細なプログラムはこちらをご覧ください.[/dropcap]

謝恩会に呼んでいただきました!

本日は平成21年度の卒業式でした.送り出す卒業生が居ない当研究室も謝恩会に招待していただき,卒業生の皆さんと楽しんできました.ご卒業,おめでとうございます.

この夏,先生とオハイオへ行こう!

既にほとんどの方がご存じと思いますが,この夏,私の引率によりオハイオ州のケント州立大学で英語研修を実施します. 期間は8月1日から22日までの約3週間.皆さんには,英語で夢を見られるまでに上達してもらいます.ご期待ください.詳細は数理情報工学科のHPをご覧ください.

平成22年度スタート

[dropcap cap="本"]日より平成22年度がはじまりました.午前10時から体育館で開講式が実施されています.松井新学部長の挨拶に続きて行われた特別講演は,本学部卒業生の大平貴之氏です.メガスターのような成果を,是非ともうちの研究室から早く出したいものです.[/dropcap]

[dropcap cap="連"]絡事項:今年度卒業研究に着手する新4年生諸君,4月9日(金)13:00からの「第1回 定例卒業研究進捗会議(4年ゼミ)」には,3月末までに検討した結果を「卒業研究計画書(案)」に記入して持参してください.[/dropcap]

{rokbox title=|平成22年度開講式|}images/stories/photos/2010-04-01-kaikou-004-DSC_0100.png{/rokbox}

研究室訪問週間開始

[dropcap cap="本"]日より4月14日まで,数理情報工学科は3年生の研究室訪問週間です.初日の今日,うちの研究室にもちらほらと訪問者がありました.学生の皆さんには,是非とも自分に最もマッチした研究室を選んでもらいたいものです.なお,この機にうちの研究室は教授部屋も学生部屋も大幅な模様替えをしたので,お楽しみに.ちなみに,ジャングルのような雰囲気は変わりなしです.[/dropcap]

新しいロゴをつくってみました

[dropcap cap="新"]しいロゴをつくってみました.というより,従来のロゴはメディアデザインラボを全面に出したものだったので,新たにモデリング&シミュレーションラボをフィーチャーしたロゴを作成した,というのがホンネです.しばらくは微調整フェーズに入るので,コメントがある方は先生までよろしくお願いします.なお,これにあわせて学生用の名詞デザインも変更いたしました.4月14日(水)より配属される3年生の皆さんも,このデザインによる名詞を持つことになります.お楽しみに.

※配属説明会も残すところ2日となりました.希望する学生は既に訪問してくれたと思いますが,万が一まだの学生は,早急にHP上からアポを出して下さいネ.[/dropcap]

{rokbox title=|新ロゴ|}images/stories/photos/MDL-J-simple-large-HR.png{/rokbox}

{rokbox title=|新名詞デザイン|}images/stories/photos/2010-namecard-hanako.png{/rokbox}

配属説明会は残すところあと1日

[dropcap cap="い"]よいよ配属説明会は残すところあと1日です.配属を希望する人は既に「配属希望申請書」をホームページ上から提出してもらってます.まだ迷っている人は,再度良く考えて,火曜日中に必ず提出してください.なお,最終説明会は13日(火)の19:00からとアナウンスしてありますが,18:00から私は1号館地下で「ケント州立大学夏季語学研修説明会」を行っているため,多少遅れての開始となる可能性がある点,ご了承願います.可能ならば,12:30からの説明会に参加していただいた方が待ち時間等が少ないと思われます.[/dropcap]

ゼミ教材(29)

MITメディアラボ発,サラウンドビジョン.ネーミングが良いね,まず.AR及びVRの基本は,目に見えないものを可視化すること.サラウンドビジョンの基礎となるアイデアは,従来より様々な提案がなされている.それらを調査し,報告せよ.

 

配属決定!

[dropcap cap="当"]研究室所属の新メンバ6名が決定し,本日第1回目のゼミナールを実施しました.4年生の各チームリーダによる指導の下,一年後にどのような成果が出るか, 今から楽しみです.今日から学生16名,4月より着任した秘書1名,非常勤講師の高橋先生と私の19名の大所帯となりますが,よろしくお願いします.新メ ンバの紹介等は後日こちらで行います.お楽しみに.[/dropcap]

ゼミ教材(30)

拡張現実(AR)技術の最新動向調査結果について,4月21日のゼミでデビューする3年生が発表します.EyePetの基礎となる技術について興味のある4年生は,オブザーバとして聴講することができるようにします.ご期待ください.

ゼミ教材(31)

新たに配属された3年生のゼミ初日は,粟飯原さんによる「拡張現実技術の最新動向」でした.発表してくれた中でも今後の研究に直結しそうないくつかをいくつか紹介します.まずは,MicroSoft社のBing Mapを利用したもの.開発者が本年2月のTEDで講演した模様をご覧ください.ちなみに,Bing Mapで当研究室を表示するとこんなカンジです.拡大地図の表示 経路の検索

 

次は,カリフォルニア大学サンタバーバラ校による Handy AR.

もうひとつは,オックスフォード大学による Parallel Tracking and Mapping for Small AR Workspace.

ゼミ教材(32)

今年度の4年生の一人が,高速道路におけるトラックの隊列走行準自動化に関連した研究を行っている.対象を高速道路から空に目を向けてみると,UAV(無人航空機)の隊列飛行(フォメーションフライト)に関する研究も多数なされている.例えば,PROCERUS TECHNOLOGY社のギャラリーでは,多数の実用化例が紹介されている.参考にすること.

ここが新名所となるか

[dropcap cap="日"]本大学 生産工学部 自動車工学リサーチ・センタのオフィスが,開所に向けて着々と準備をすすめられています.数日前からは窓際にポスターのようなものが置かれ,暗くなるとライトアップされて存在感をアピールしています.コンピュータサイエンスと機械工学等が融合することによりこれまで以上に活性化する自動車工学.未来の交通システムを創造し,社会に貢献する研究開発成果が次々と発信されるリサーチ・センターとなることを期待してます.※Prof. Furuichiは副センター長を仰せつかっているとのウワサです.詳細は,公式HPにて近日公開予定です.

{rokbox title=|自動車工学リサーチ・センタ| }images/stories/photos/2010-04-22-NU-CAR-DSC_0118.png{/rokbox}

続きを読む...

NU-CARをヨロシク

自動車工学リサーチ・センター

本年4月1日に開所したNU-CARは,今や我々の社会にとって不可欠である自動車のミライについて考えることを目的としたリサーチ・センターです.モノづくりに極めるための学問である「生産工学」部の特長を最大限に活かし,人間と環境にやさしいクルマづくりと,自動車に係る先進技術の研究開発を行うことを,当リサーチ・センターは目標としています.これを一言であらわすと,

続きを読む...

防衛省技術研究本部で学外ゼミを実施しました

[dropcap cap=""]防衛省技術研究本部の先進技術推進センターへ,「モデリング&シミュレーション技術の応用事例研究」の一環として見学して参りました.出発風景から先進技術推進センターに到着するまでをまずご紹介します.後半は後日ご紹介予定です.[/dropcap]

{rokbox title=|4年の志甫君が登校| }images/stories/photos/2010-05-19-trdi-00001-dsc_0002.png{/rokbox}

{rokbox title=|508号室の入り口| }images/stories/photos/2010-05-19-trdi-00002-dsc_0007.png{/rokbox}

続きを読む...

人とくるまのテクノロジー展へ行ってきました

[dropcap cap=""]浜のパシフィコで開催された「人とくるまのテクノロジー展」へ,自動車に関するM&S(Modeling & Simulation)を卒研テーマとしている4年生の学生2名と,NU-CARの秘書高橋さんと一緒に行ってまいりました.最終日の本日(5月21日),関東地方は最高気温が29度を超える真夏日.会場のパシフィコは大入満員状態でした.我々はまず各自動車メーカのブースを見学した後,シミュレーションシステムに関連したメーカの展示を見学しました.また,トヨタのドライブシミュレータ(ビデオによる紹介展示)は,改めてその規模の大きさに驚きました.日経TechONでは,展示会全体に関してこちらに特集記事がまとめられています.[/dropcap]

{rokbox title=|会場入り口(4年志甫君)| }images/stories/photos/2010-05-21-registration-DSC_0189.png{/rokbox}

続きを読む...

平行二輪車の体験走行風景

[dropcap cap="平"]行二輪車の走行風景を28号館前(NU-CAR)オフィス下で発見!早速4年生の花村君と見学に行ってきました.ちょうど,本年NU-CARセンター長の景山研究室に配属された3年生に対して,ゼミナールの一環として研究室が保有する車両等の体験走行をしている最中だったようです.[/dropcap]

{rokbox title=|平行二輪車を操縦中の3年生| }images/stories/photos/2010-05-25-segway-0100-dsc_0156.png{/rokbox}

スポーツ大会実況終了・誰も居ない体育館は寂しい

[dropcap cap="本"]日生産工学部ではスポーツ大会が実施されています.取材班は午前中津田沼キャンパスを取材中ですが,体育館で開催されている卓球とバトミントンに,数理情報工学科からは出場者がおらず,ちょっとさびしい感じです.[/dropcap]

 

誰も居ない会場はちょっと寂しい

(急きょ)応援中の学部長を取材

しかし,実籾キャンパスは超盛り上がってました!いくつかの競技で数理は次々と優勝.その中でも,1年生から大学院2年までが一体となって盛り上がっていたドッジボールを,取材してきました.詳細は数理のHPをご覧ください.

残念ながら,当研究室の学生はほとんど参加していませんでした...

JCG SWATの実働訓練見学

SWATの実働訓練(4年生が卒業研究のテーマで仮想空間上でのSWAT訓練環境を構築中)を見学するため,海保の観閲式に行ってきた.乗船したのは「やしま」,本日の観閲船である.当初の予定では本船には辻本清美議員が乗船予定だったようだが,本日社民党は政権離脱したからであろうか,代わりに国土交通大臣政務官の三日月議員が観閲官として乗船された.更に,高円宮憲仁親王妃久子様aも乗船され,大変華やいだ雰囲気の船内であった.

巡視船やしま

乗船を迎えてくれたのはミス日本「海の日」の鈴木亜美さん(立教大学3年)

続きを読む...

HAWAIAN POTATO CHIPS ETC

[dropcap cap="H"]AWAIAN POTATO CHIPS が入荷しました.なんと,内容量が907グラム.もうひとつのトルティージャチップスは,1.13kgもあります.学生の皆さん,おやつにどうぞ.研究促進,間違いなしでス[/dropcap]

 

NU-CARオフィスのインテリアを担当しました

[dropcap cap="我"]がM&Sラボ(Modeling and Simulation Lab.)のインテリア担当は,4年生の学生Mr. Hana("インテリア花"の代表)です.Mr. Hanaの監督の下,4年生と3年生が協力して6月3日にNU-CARオフィスの受付卓他を組み立てました.早速受付業務をするイメージ写真をMr. Takeをモデルにして撮影したのが次の一枚です.[/dropcap]

{rokbox title=|Mr. Takeによる賛助会員応対風景(イメージ写真)| }images/stories/photos/2010-06-03-nucar-office-002-dsc_0080.png{/rokbox}

 

ゼミ教材(27)交通

2010年度のゼミでは,交通シミュレーションを題材の一つとして扱います.対象とするのは,自動車の販売台数が急伸しているインドや中国のような,いわばケオティックな交通流を対象としようと考えています.例えば,以下の動画のような交通流れをコンピュータ上で再現するには,どのようにすれば良いと思いますか?

ゼミ教材(33)映像制作へのシリアスゲーム技術応用

CGを用いて映像制作を行う目的の一つは,”複雑な現象を一般の人にわかりやすく伝えること”である.例えば,事故,災害,犯罪等の場合,発生した現場における様々な状況を伝える映像を入手することが困難な場合がほとんどで,そのために例えばTVのニュースや報道番組等ではCGを用いた再現映像が用いられる.しかし,再現に用いたシナリオは一般的に静的(固定的)である場合が多い.従って,例えばTVの報道番組に出演してCGによる再現映像を観た専門家は,その場でシナリオを変更したいと申し出ても,変更して再現するには時間を要するため,できない場合が一般的であった.しかし,シリアス・ゲーム技術を応用することにより,その場で登場人物の行動や意思決定を人が行うことが可能となり,ほぼリアルタイムで専門家の意見を反映して再現映像を作成することが可能になると考えられる.今週のゼミでは,これを実現するために必要となる技術課題等について学ぶ.題材として用いるのはVBS2とFSWである.

ゼミ教材(36)「ARシネマ・ミライリョコウ」

(おそらく)世界初のARシネマ「ミライリョコウ」をダウンロードできるのは、明後日の2010年6月10日(木)です。ダウンロードはこちらから。再生するのはWebカムが必要ですので、実行環境が手元にない学生は508号室で試すこと。ミライリョコウを体験した後各自「未来の映画」について検討し、次回のゼミで討議します。

ゼミ教材(37)iOS4

[dropcap cap="ト"]レンドを追うのではなく,トレンドを作れ! と,学生達に常に(実際は時々かな?)言っている.かといって,トレンドを知らなければ,トレンドを追うことも作ることもできない.というわけで,今週のテーマは「iOS4」である.米国時間の6月7日にサンフランシスコで開催されたWWDC 2010で発表されたOSの名前である.従来はiPhone OSと呼ばれていたものを,iPhone 4にあわせて名称を変えることにしたらしい.スティーブジョブズ氏が基調講演でiPhone 4を発表する様子については,こちらで詳細に紹介されている. 本日の課題は,"iOS4について調査せよ".[/dropcap]

ゼミ風景(1)

[dropcap cap="ゼ"]ミ風景を時々紹介します.配属先研究室選択時の参考にしてください.[/dropcap]

{rokbox title=|研究成果を発表中の3年生| }images/stories/photos/2010-03-23-zemi-fuukei-IMGP0194.png{/rokbox}

ゼミ風景(2)

[dropcap cap="本"]日のゼミは,”3DCG技術の最新動向調査結果”に関して3年生が発表した後,立体視可能なドライブシミュレータの走行体験をした後,Google Earthを用いた3次元仮想環境構築ツールの演習を行いました.[/dropcap]

{rokbox title=|研究成果を発表中の3年生| }images/stories/photos/2010-05-26-seminar-000-dsc_0171.png{/rokbox}

続きを読む...

ゼミ風景(3)卒業研究(MU)

[dropcap cap="本"]日(2010年6月4日)のゼミは,4年生を対象とした卒業研究のためのゼミでした.何人かの学生はユーザニーズの分析の結果要求定義がほぼ固まり,システム外部設計が本格化してます.その中,音楽療法(音楽教育を含む)をテーマとした学生が本日考案したのが,「協調作業型ループ音楽制作卓」.ToneMatrix(Flashのアプリで,実際に操作することができます)を参考に,これから本格的な設計がはじまるようです.[/dropcap]

{rokbox title=|協調作業型ループ音楽制作卓(イメージ写真)| }images/stories/photos/2010-06-04-tonematrix-001-dsc_0030.png{/rokbox}

協調作業型ループ音楽制作卓(イメージ写真)

< -DiamondTouch上でToneMatrixを動作させたものに一部CG加工->

なお,現在参考とする予定のToneMatrixを使うと↓のようなループ音楽を演奏することができます.ご参考まで.

なお,ToneMatrixの開発者のAndre Michelle氏が開発したAudiotool 1.0(サンプルは↓)は,音楽アプリを開発するのにとても役立ちそうです.更に,これ(Karplus)もすごいです.

Audiotool - Audio Performance Test by André Michelle

ゼミ風景(4)iPad

[dropcap cap="本"]日(2010年6月16日)の3年生ゼミのテーマは,"iPadにおけるプログラム開発環境について" でした.まもなくすると,この3年生はxcodeを用いたiPad用のソフトウェア開発を演習で実施します.昨年度の3年生はDiamondTouchを利用したマルチユーザ・マルチタッチ機能を利用したゲーム開発を行いましたが,今年はiPad上のマルチタッチを利用したアプリケーション開発を行うので,今から先生も学生も楽しみにしています.(↓写真をクリックすると大きくなります)[/dropcap]

{rokbox title=|発表中の3年生学生| }images/stories/photos/2010-06-16-seminar-001-dsc_0143.png{/rokbox}

ゼミ風景(5)4年学生による研究指導風景

[dropcap cap="本"]日(2010年6月16日)の午前中,生産工学部広報委員会のキャンパスライフ取材班が研究室を訪れ,4年生学生が研究している様子等を取材していただきました.次の写真は,4年生の学生が3年生の研究(拡張現実技術を利用したCG制作手法に関する研究)を指導している様子です.(↓写真をクリックすると大きくなります)[/dropcap]

{rokbox title=|3年生の研究を指導する4年生| }images/stories/photos/2010-06-16-video-001-dsc_0120.png{/rokbox}

同日午後,今度はNU-CARの会議室で機械工学科の大学院生と「隊列走行方式に関する研究」に関する情報交換をし,その様子も取材していただきました.

{rokbox title=|機械工学科の大学院生と情報交換する4年生| }images/stories/photos/2010-06-16-nucar-conf-003-dsc_0154.png{/rokbox}

ゼミ風景(6)卒業研究指導風景

[dropcap cap="本"]日(2010年6月18日)の午後,再度生産工学部広報委員会のキャンパスライフ取材班が研究室を訪れ,4年生の卒業研究ゼミナールの様子を取材していただきました.今年度卒業研究を実施している7名全員が,本日時点でほぼ全員"要求定義"(ユーザニーズ定義)を完了し,本格的な設計段階に入りました.そのうち3名は9月の第9回情報科学技術フォーラム(FIT)に投稿しており,7月2日のカメラレディ提出締切に向けて執筆が佳境に入ってます.(↓写真をクリックすると大きくなります)[/dropcap]

{rokbox title=|ゼミ開始前の先生| }images/stories/photos/2010-06-18-campus-life-furuichi-dsc_0305.png{/rokbox}

{rokbox title=|進捗報告中の4年生| }images/stories/photos/2010-06-18-campuslife-001-dsc_0309.png{/rokbox}

 

卒業研究支援のための写真撮影を実施

[dropcap cap="先"]生の愛車CR-Vの運転者視点での風景を,本日4年生の学生2名と一緒に撮影しました.その学生は卒業研究でこの写真が必要とのことで,どのような成果となるのかは,ヒミツです.このように,NU-CAR設立の学生への効果は絶大で,今年度卒業研究を実施している7名のうち,2名が自動車への情報処理技術の応用に関するテーマを実施中です.[/dropcap]

 

セグウェイの体験乗車をしました

[dropcap cap="本"]日(2010年6月18日)の昼休み,NU-CARの学生にお願いしてセグウェイの体験乗車をしてきました.体重移動だけで左右前後に移動できる感覚は,ミライの乗り物の感覚です.街中で走行できるようになるためにはまだ解決しなければならない課題がいくつかありますが,3次元仮想環境構築技術を使って解決できる見込みの課題がいくつかあります.今後の学生達の研究が楽しみです.[/dropcap]

iPadがやってきました

[dropcap cap="i"]Padが本日(2010年6月23日)研究室にやってまいりました.3年生が数理情報工学演習で用います.その学生は,音楽療法に関連したアプリを現在設計中で,出来上がるのが今から楽しみです.[/dropcap]

{rokbox title=|iPodの箱を開封中(この先はいずれ将来のお楽しみ)| }images/stories/photos/2010-06-23-ipod-001-dsc_0184.png{/rokbox}

 

 

7月4日(日)正午からUStream中継を行いました

[dropcap cap="独"]立記念日の7月4日,先生のお手伝いで学生達がUStreamの中継実験を行いました.今後もここでは時々テストを行います.研究室内の雰囲気等を実況する場合がありますので,その際にはここをクリックして!Twitterでの参加等でご参加ください.なお,8月1日~22日までの間は米国オハイオ州から中継を行いますので,ご期待ください.[/dropcap]

{rokbox title=|こんな感じで中継しました| }images/stories/photos/2010-07-04-ustream-engineer-001-dsc_0049.png{/rokbox}

{rokbox title=|こんな感じで中継しました| }images/stories/photos/2010-07-04-satomari-ustream-dsc_0014.png{/rokbox}

Live Broadcasting by Ustream

佐藤錦様とナポレオン様が研究室にやって参りました

[dropcap cap="佐"]藤錦とナポレオンを頂戴しました!早速NU-CARの秘書と事務室の方と試食.そして,晩は本日誕生日を迎えた学生を囲んで,7月を代表する日本の味を楽しみました.立派なサクランボを送って下さった方に感謝です.どうもありがとうございました.[/dropcap]

{rokbox title=|佐藤錦とナポレオンです| }images/stories/photos/2010-07-06-cherry-001-dsc_0167.png{/rokbox}

{rokbox title=|本日が誕生日の学生です| }images/stories/photos/2010-07-06-cherry-002-dsc_0170.png{/rokbox}

 

本日のピアサポート風景

[dropcap cap="本"]日(2010年7月7日)のピアサポートは,1年生の学生に対して4年生のピアサポータが模擬ゼミナールを行ってました.先生も,”僕も学生になってピアサポートを受けたい” とおっしゃる程,楽しそうな雰囲気でした.[/dropcap]

{rokbox title=|ピアサポート中の風景| }images/stories/photos/2010-07-07-peersupport-002-dsc_0192.png{/rokbox}

続きを読む...

M-U PERCUSSION

[dropcap cap="本"]日(2010年7月9日)の4年卒研ゼミで,4年生の学生がタッチテーブル型の楽器”M-U PERCUSSION”を徹夜で作成したと,そのデモを見せてくれました.同時に複数のユーザが演奏することができ,機能はまだ原始的ですが,なかなかおもしろいです.夏休み中には,すごいものができそうです![/dropcap]

{rokbox title=|M-U PERSUSSION| }images/stories/photos/2010-07-09-hanamura-dsc_0205.png{/rokbox}

パリ祭前日はイベントが2つ

[dropcap cap="本"]日(2010年7月13日),午前と午後にビッグなイベントが2つありました.午前のイベントは,市川市にある千葉県立現代産業科学館へのNU-CAR展示の指揮,そして午後はNU-CARオフィスでの初の講演会実施.詳細はそれぞれNU-CARのホームページでご確認ください.[/dropcap]

{rokbox title=|現代産業科学館の展示| }images/stories/photos/2010-07-13-museum-004-dsc_0195.png{/rokbox}

{rokbox title=|兼松エレクトロニクス・町田氏の講演を聴講する学生と先生| }images/stories/photos/2010-07-13-kanematsu-003-dsc_0031.png{/rokbox}

ARNewS Version 0.1 試作完了

[dropcap cap="3"]年生の学生が今年度試作中の報道番組用CG制作支援技術「ARNewS」の試作第0.1版が完成したのでご紹介します.報道番組用CG作成の特徴は,事件等の事象が発生してから報道までの時間が短い中で,あいまいな情報に基づき再現CGを制作しなければならない点です.そのため,放映寸前までシナリオの変更が生じるとともに,番組放映中に評論家等のコメントによってシナリオの変更をしたい場合もあります.ARNewSを用いると,従来のCG作成手法では困難だった番組放映中のシナリオ変更に対応することが可能となります.

※以下の例はAR技術の勉強用に試作したもので,年度末に完成予定のARNewSでは実際に発生した事件を対象とした再現CG例を作成します. ※余談ですが,音楽は古市の作曲・演奏によるものです.[/dropcap]

Crayon Physicsが現在最もホットなゲーム

[dropcap cap="C"]rayon Physicsというゲームが,現在研究室の学生に大人気です.指を使ってクレヨン風の絵を描くと,その物体が動く...これをマルチユーザ化したら,これはスゴイぞ!

※余談ですが,音楽は古市の作曲・演奏によるものです.[/dropcap]

キーボードの人気が上昇中

[dropcap cap="キ"]ーボードが研究室に何台も置いてある研究室は,おそらくこの学科にはないだろう.しかし,シリアスゲームを中心としたメディアデザインと音楽とが切り離せない関係にあるのは,誰もが疑う余地がないところである.以前は,放課後になるといつも先生が即興でなにやらズンチャかポロロンと弾いていたが,最近は学生も時々練習している.協調型の音楽制作卓を卒研テーマとしている4年生や,音楽を題材とした高齢者向けのシリアスゲームに関する研究を行っている3年生が何名か居るが,この機会に是非とも皆がキーボードを楽しめるようになってもらいたいところである.

現在研究室で利用中なのはRolandのJuno DiとNATIVE INSTRUMENTS のTRACTOR等.KORGのM50もいずれ導入したいと思っている.学生の皆さん,YouTubeを教本としたキーボードの練習,効果絶大ですよ! [/dropcap]

Twitter APIが不調

TwitterAPIの不調により,7月20日(火)朝7時(JST)よりTwitterAPIの使用を一時停止しています.右段に学生のツイットが表示されない以外,通常通りの内容です.TwitterAPIの不調に関する原因判明の後,再度掲載します.

2年生の皆さん,お忘れなく

[dropcap cap="2"]年生の皆さん,7月28日(水)までに必ず数理情報工学科の事務室へ行って必要な書類(来年度の研究室配属の参考資料とコース履修選択申込み書)を受け取ってください. [/dropcap]

I don't wanna be a garbage collector

[dropcap cap="G"]arbage collectionの研究をするのは推奨しますが,私はGarbage Collectorにはなりたくありません.ごみの放置が今朝再発.今後もこのような事が続くようならば,508号室内での飲食を完全禁止とします.ごみは発生直後にゴミ箱へ,帰宅時には必ず室内のゴミ箱を空にし,消灯(換気扇以外),そして施錠.こんなこと,コモンセンスです.[/dropcap]

{rokbox title=|Just before I've garbage collected this morning| }images/stories/photos/2010-07-24-garbage-dsc_0045.png{/rokbox}

ピアサポータ紹介

[dropcap cap="我"]がM&S研究室のピアサポータ菅原君を紹介します.当研究室の室長を務めて2年目.今年度は,4年生10名と3年生6名に加え,ピアサポータとして1年生14名を担当しています.[/dropcap]

{rokbox title=|ピアサポータの菅原です,ヨロシク| }images/stories/photos/2010-07-28-peer-supporter-dsc_0102.png{/rokbox}

先生が教育貢献賞を受賞

[dropcap cap="我"]が古市先生が平成21年度の教育貢献賞を受賞し,本日(7月28日)受賞式と講演会が実施されました.賞金をいただきましたが,学生3名が九州で発表するFITの出張旅費の一部として充当させていただきます.なお,福岡での宿がまだ未定です.9月6日から3泊,福岡で学生3名の宿泊先を提供可能な方がいらっしゃれば,ご連絡下さい.[/dropcap]

ポスターシリーズ第1段

[dropcap cap="教"]育貢献賞の場で発表したとおり,本日より学生の研究を紹介するポスターシリーズの作成を開始します.その第一弾としてとりあげたのは3年粟飯原さんのARNewSです.[/dropcap]

{rokbox title=|ARNewS| }images/stories/photos/2010-07-27-aibara-002-dsc_0084.png{/rokbox}

 

Live from the USAをやってます(ました)

[dropcap cap="オ"]ハイオ州ケント市にあるケント州立大学(KSU)に,この夏,先生と13人の学生が滞在していました.学生は生産工学部の各学部から集まり,男子8名女子5名がKSUのESLで学びました.現地でのStudent life in the KSUを日本の皆さんにお伝えするため,USTREAM中継を適時行っていました.また,数理情報工学科のホームページでは写真満載のレポートをお送りしていました.[/dropcap]

Broadcasting Live with Ustream.TV

九州進出!「F!T@九州大学で3人の4年生が発表!」

[dropcap cap="つ"]いに,古市研究室が九州進出を果たしました!大学時代最後の夏休み期間中,古市研究室の4年生は卒業研究で多くの時間を費やします.一部の学生は,その成果を夏に日本各地で実施される学会で発表します!そして,去る9月7日(火)から9日(木)に九州大学で実施されたF!Tで,M&Sラボの4年生3人が発表しました!![/dropcap]

{rokbox title=|九州へ向かう機中から| }images/stories/photos2010-01/2010-09-06-from-the-air-dsc01804.png{/rokbox}

機中で我が国における風力発電の普及を実感

{rokbox title=|会場となった九州大学のキャンパス| }images/stories/photos2010-01/2010-09-09-fit-dsc01918.png{/rokbox}

会場となった九州大学のキャンパスで

[dropcap cap="博"]多の中心部から九州大学・工学部のキャンパスまではバス(一部高速道路を通行)を使って約45分.キャンパス周辺には店等が無く,生産工学部とは大きく違う点に学生達は驚きました.最も驚いたのは,校舎が全て新しく,学生達が研究するスペースが,数理情報工学科と比較すると5倍以上もある点でしょうか.夏休み期間中ですが,どこの研究室も多くの学生が来て研究をしているのを見て,学生達は何か感じていたようでした.ちなみに,先生方の研究室の広さは数理情報工学科とほぼ同じでした..[/dropcap]

{rokbox title=|発表中の武田君| }images/stories/photos2010-01/2010-09-07-fit-takeda-dsc01821.png{/rokbox}

発表中の武田君

[dropcap cap="武"]田君の講演タイトルは複数ユーザによるAR技術を用いた個別メニュー表示・操作可能なテーブルトップ型HMIの提案 でした. 大規模災害等が発生した際における,指揮官の意思決定の効率化を支援するための,新しいヒューマン・マシン・インタラクション(HMI)の提案について発表しました.3月に続いて2回目の学会発表で,前回提案したシリアス・ゲームシステムのための新しいHMIに関する研究を,更に発展させたものに関する成果の発表でした.[/dropcap]

{rokbox title=|発表中の菅原君| }images/stories/photos2010-01/2010-09-07-fit-sugawara-dsc01834.png{/rokbox}

発表中の菅原君

[dropcap cap="菅"]原君の講演タイトルはAR技術の活用による運転者の視線移動を縮減可能な車載情報機器操作法の提案 でした. 将来の車載搭載情報端末(カーナビ等)での実用化を目指した,新しいヒューマン・マシン・インタラクション(HMI)の提案についての発表です.発表中には,2年生の学生に編集を手伝ってもらって作成した以下のデモ動画を再生しました.菅原君は今回が初めての発表でしたが,緊張した様子は全くなく,企業の方々からの質問にも的確に応対することができました.[/dropcap]

{rokbox title=|発表中の志甫君| }images/stories/photos2010-01/2010-09-09-fit-shiho-dsc01921.png{/rokbox}

発表中の志甫君

[dropcap cap="志"]甫君の講演タイトルはITSがドライバに与える影響の異種シミュレータ連携による評価支援法の提案 でした. ITSとは高度道路交通システム(Intelligent Transport Systems)の事で,例えば第二東名では一部無人車両が道路を走行する隊列走行システムの実験等が開始されようとしています.志甫君の研究は,このような新サービスが実際に導入される前に,一般のドライバーの人々がシミュレータ上で新サービスを体験することにより,その効果や問題点等について検討するための方法に関するものです.古市研究室では,ITSに限らず,同じ技術を様々な訓練用シミュレータに適用するべく,志甫君が中心となって研究をすすめています.[/dropcap]

{rokbox title=|招待講演中のMITメディアラボ副所長の石井教授| }images/stories/photos2010-01/2010-09-07-fit-ishii-dsc01884.png{/rokbox}

招待講演中のMITメディアラボ副所長の石井教授

[dropcap cap="学"]会2日目の午後,船井業績賞記念講演として MITメディアラボ副所長の石井裕教授による”重力に抗して:タンジブルビット”という特別講演を聴講しました.講演の模様はUSTされると 同時に,会場内からのTweetを石井先生が希望されたので,前列から4番目の中央に坐していた私と4年生の学生は以下のようにツイートして盛り上げまし た!会場と世界中がネットでつながり,Twitterによるコミュニケーションにより一体感のある講演は,サイコーですね.既に,ウチでは授業やゼミで USTとTwitterをそれなりに活用してますが,今後は更に活用するゾと決めました![/dropcap]

3年生がインターンから戻ってきました!

[dropcap cap="生"]産工学部では,3年生全員が必修科目として夏休み期間中に2週間から4週間の生産実習(インターンシップ)を体験します.古市研究室の6名の3年生は,IT関連企業,映像制作会社,M&S関連システム等の関連企業等で生産実習を行い,9月22日からはじまる新学期を前に,次々とキャンパスに戻ってきました.その中の一人は,(株)TBSビジョンで2週間のインターンシップを行いました.この学生の研究テーマはTV用CG(コンピュータグラフィックス)の制作手法に関連するもので,指導教官からは,CGに限定せず,プロの映像制作プロセスを体験し,今後の研究に活かして下さいとの命を受けてインターンに臨みました.

{rokbox title=|ステディカムを体験中の学生| }images/stories/photos2010-01/2010-08-tbs-vision-001-sdim2151.png{/rokbox}

ステディカムを体験中の学生 (Courtesy TBS Vision Inc.)

2週間の期間中,赤坂のTBS放送センターでCG制作現場の見学等をさせていただいた他,地方でのロケーションにも同行させていただき,監督をはじめとするスタッフの皆様から映像制作プロセスを学んできました.貴重な体験をさせていただいた(株)TBSビジョンをはじめとする関係者の皆さま,どうもありがとうございました.

このように,本年も多数の企業の皆様のご協力により,数理情報工学科のインターンシップを無事終えることができました.この場を借りて厚く御礼申し上げます.[/dropcap]

{rokbox title=|俳優さんの替わりとなってカメラテスト中の学生| }images/stories/photos2010-01/2010-08-tbs-vision-002-sdim2143.png{/rokbox}

俳優さんの替わりとなってカメラテスト中の学生 (Courtesy TBS Vision Inc.)

{rokbox title=|スタッフの方との集合写真| }images/stories/photos2010-01/2010-08-tvs-vision-intern-003-p1060645.png{/rokbox}

スタッフの方との集合写真 (Courtesy TBS Vision Inc.)

ゼミ合宿に行って参りました

[dropcap cap="毎"]年夏休み最後の行事となっているのが,ゼミ合宿です.今年の合宿先は昨年と同じく伊豆高原.スイートルームとインドアプールが特長の五景観・南風楼で9月12日から14日まで2泊三日で実施しました.[/dropcap]

{rokbox title=|宿泊先の玄関前(その1)| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc_0122.png{/rokbox}

宿泊先の玄関前(その1)

{rokbox title=|宿泊先の玄関前(その2)| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc_0126.png{/rokbox}

宿泊先の玄関前(その2)

{rokbox title=|ホール| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc_0062.png{/rokbox}

ホール

{rokbox title=|ホール| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc02006.png{/rokbox}

ホール

{rokbox title=|発表中の様子| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc_0093.png{/rokbox}

発表中の様子

{rokbox title=|発表後の様子| }images/stories/photos2010-01/2010-09-13-izu-dsc_0342.png{/rokbox}

発表後の様子

MIT石井先生の船井業績賞記念講演UST録画配信開始

[dropcap cap="本"]研究室学生の人気が高い MITメディアラボ副所長の石井裕教授による”重力に抗して:タンジブルビット”という船井業績賞記念講演(2010年9月7日@九州大学)のユーストによる録画配信が開始されました.九州に行けなかった皆さん,こちらでご観になってください.[/dropcap]

MUsan Tableのプロトタイプ公開開始

[dropcap cap="M"]Usan Tableプロトタイプの公開を開始しました.MUsan Tableは,当研究室所属の4年生の学生(Creator "Hana")が卒業研究で開発中のマルチユーザ・ミュージック・テーブルで,協調作業による作曲や音楽演奏を楽しむことを目的としています.本成果は,10月14日から17日にお台場の日本科学未来館で開催されるデジタルコンテンツエキスポ2010へ出展致します.会場では,MUsan Tableを体験することができます.多数の皆様のご来場をお待ちしております.[/dropcap]

七海舞さんによるユースト中継は14日から

[dropcap cap="ユ"]ースト中継のプログラムが公開されました.チャンネル4でMU^3 Tableも中継していただける予定です.14日の午後1時から3時を予定してます.レポータはdolceの七海舞さん. 果たして,Creator HanaとMegと先生は緊張せずにインタビューに答えられるのでしょうか...いよいよ明日13日(水)午後,MUsan Tableの進化形 MU^3 Tableを研究室から搬出します.デジタルコンテンツエキスポ2010はいよいよ10月14日から17日にお台場の日本科学未来館で開催されます.多数の皆様のご来場をお待ちしております.[/dropcap]

DCEXPO2010の設置完了!

[dropcap cap="お"]台場の日本科学未来館で10月14日(木)から開催されるデジタルコンテンツエキスポ2010年の展示準備を13日の夜完了しました.会場では14日の午前にプレス公開した後,午後はアイドルグループdolceの七海舞さんによるインタビューのユーストリームによる中継が行われます.17日の17:00まで展示が行われますので,是非とも多数の皆様のご来場をお待ちしています.[/dropcap]

{rokbox title=|機材の輸送中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-meg.jpg{/rokbox}
機材の輸送中

{rokbox title=|会場で機材の輸送中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-hana-002.jpg{/rokbox}

会場で機材の輸送中

{rokbox title=|会場で機材の輸送中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-hana.jpg{/rokbox}

会場で機材の輸送中

{rokbox title=|会場で設置作業中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-dsc_0006.png{/rokbox}

会場で設置作業中

{rokbox title=|会場で設置作業中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-dsc_0007.png{/rokbox}

会場で設置作業中

{rokbox title=|設置完了| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-dsc_0021.png{/rokbox}

設置完了

{rokbox title=|設置完了後に動作確認中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-dsc_0027.png{/rokbox}

設置完了後に動作確認中

{rokbox title=|設置完了後に動作確認中| }images/stories/photos2010-01/2010-10-13-dcexpo-dsc_0056.png{/rokbox}

設置完了後に動作確認中

asahi.comでMU3-Tableが報じられてます

朝日新聞社のasahi.comにて、古市研究室の展示作品MU^3 Tableが写真入り+動画で報じられてます(2015年7月時点で該当記事は掲載されておりません).実物をご覧になりたい方は、2010年10月17日までお台場の日本科学未来館で開催されているデジタルコンテンツエキスポ2010年へお越しください。

その他報じられているメディア一覧(2015年7月現在)

海外での報道も開始されてます

[dropcap cap="い"]よいよお台場の日本科学未来館で開催されているデジタルコンテンツエキスポ2010年も最終日を迎えます.MU^3-Tableに関して海外でも報道されているようです.[/dropcap]

現在報じられているメディア一覧

その他にも,DCEXPOではHRP-3によるダンサーとのコラボも発表され,我々はこの様子を見学しました.

TV番組のロケ終了

[dropcap cap="TV"]番組のロケを10月19日(火)に研究室で行い,MU^3-Tableやパイレーツオブソマリアに代表される本研究室で開発中のシリアスゲームに関して収録していただきました.先生が数理情報工学科へ来て丸二年.研究成果がTVで紹介されるまでに成長した学生達に,感謝![/dropcap]

{rokbox title=|スタッフの方との記念撮影| }images/stories/photos2010-01/2010-10-19-bsj-001-dsc_0233.png{/rokbox}
スタッフの方との記念撮影

続きを読む...

DIgInfoでMU^3-Table(ミューさんテーブル)が紹介されました

[dropcap cap="M"]U^3-Table(マルチユーザ・マルチタッチ・ミュージックテーブル,4年生のCreator Hanaが開発)がDigiInfoで紹介されました.MU^3-Tableの実物をご覧になりたい方は,10月31日(日)10:30~16:00に生産工学部の桜泉祭(学園祭)と同時開催されるオープンキャンパスで,37号館7階ホールで体験することができます.当日はCreator Hanaが直接ご説明します.多数のご来場をお待ち申し上げております.[/dropcap]

今年の学園祭の名物料理は「牛串」らしい

[dropcap cap="牛"]串の予行演習がメディアデザインカフェで現在(2010年10月22日午後7時)行われています.この絶妙な味付けは,どのように表現したらよいのでしょう.美味しい!の一言です.学園祭(桜泉祭)は10月30日から行われます.お楽しみに.[/dropcap]

続きを読む...

学園祭のポスター完成

[dropcap cap="牛"]串の予行演習が終わり,予想以上の美味しさに皆びっくりしました.ポスターも完成.こりゃ美味しそうだ!学園祭(桜泉祭)は10月30日から,楽しみですね[/dropcap]

10月31日のオープンラボへMU^3 Tableを出展します

[dropcap cap="オ"]ープンキャンパスが来る10月31日(日)に実施され,数理情報工学科ではオープンラボを実施します.古市研究室からは,MU^3 Table他を展示します.お子様も楽しめるよう,1年生から大学院生までの先輩達が待ってます.多数のご来場をお待ちしております.[/dropcap]

English French German Italian Nepali Portuguese Russian Spanish
Flag Counter

Search

Seriousgames.Today

Impress CarWatch