2019年度研究室所属学生数

  • 博士後期
  • 1人
  • 古市が2009年に日大へ着任して以来3名の博士号学生を指導,現在4人目を指導中.4名中3名は在職ドクタ(会社に勤めながら在学して学位を取得)
  • 博士前期
  • 4人
  • 現在は1年生に2名,2年生に2名が所属し,1名がモデリング&シミュレーション(交通,歴史),3名はシリアスゲーム(英語学習)を担当しています.
  • 学部4年生
  • 12人
  • 男子7名,女子5名が在籍中で,うち1名はオランダのユトレヒト芸術大学に1年間留学中です.
  • 学部3年生
  • 10人
  • 男子6人,女子4名が在籍中で,1名は台湾の中国科技大からの交換留学生です.
  • 2年生
  • 0人
  • 2年生の皆さんはまもなく研究室配属を控えています.その時になって慌てることのないよう,2年生の間に多くの研究室を訪問してみましょう.古市研はいつでも見学OKです!.
  • 1年生
  • 0人
  • 古市研に興味のある1年生の皆さん,古市研では伝統的に1年生を対象としてプログラミングを学習するイベントを沢山用意しています.まずは一度研究室の扉をノックしてみませんか?
フィンランドに本拠地を置く国際学会DiGRA (Digital Game Research Association)が年に1回開催する国際会議 DiGRA 2019 KYOTO が,本年8月6日~10日に京都の立命館大学で開催されます.そのための準備を2018年の5月頃から古市研究室では1名の学生と2名の教員が行っており,まもなくそのプログラムができあがる予定です.ポスターのデザインを担当したのはユトレヒト芸術大学(HKU)からの留学生ナディア,Organizing ComittteのメンバとしてHPの運営等を担当するのは粟飯原先生,Program Committeeを担当するのは古市先生です.世界中から500名を超えるゲームの開発者と研究者が集まる学会,ゲーム開発を学ぶ学生にとってはまたとない国際会議に参加するチャンスです.初日の8月6日は,DiGRAの日本支部である DiGRA JAPAN夏季大会も共同開催,どちらも現在参加者受付中です.
2019年5月17日(金)に(株)スクウェアエニックスの三宅陽一郎さんが古市研究室に来られ,三宅氏らが開発中のゲームの試作品について実際にプレイをしながら粟飯原先生と一緒に情報交換をしました.製品の完成とリリースが楽しみです.

2019年4月17日(水)に古市研第11期生として10名の学生が配属されました.まず簡単に自己紹介をした後,じゃんけんで3チームにわかれてマシュマロ・チャレンジを行いました.20分の制限時間ピッタリにマシュマロをタワーの頂上に置けたのはリッちゃん,ミズキ,マリコチームだけ.しかし,遅れること20秒後に完成させたナゴミ,チサキ,ヨースケチームの方がタワーは少しだけ高かったので,2枚目の写真がそれです.

残る男子だけのチームはマシュマロを乗せられず.本日の結果からは,チームは女子2人,男子1人で組むのが強そうだとわかりました.来週はそれぞれのスキルを自己紹介してチーム編成を行うゲームジャム形式のチーム編成にチャレンジしてみます.

数理情報工学科のメディアデザインコースではCG-ARTS協会認定教育を実施しており,コンピュータグラフィックス,ゲームデザイン,Webデザイン,画像処理等の各講義を通して学生の皆さんはメディアデザイン技術を学びます.CG-ARTS協会では毎年各認定校で優秀な成績(認定試験のエキスパート部門合格及び優秀な作品制作等)を収めた学生を表彰する制度があり,それがCG-ARTS賞です.今年度CG-ARTS賞に選ばれたのは3年生メディアデザインコースの山家弘大君(古市研究室所属)で,3月8日に表彰式を行いました.おめでとうございます.

数理情報工学科の学生の中には,春休み中に各地で開催される学会発表に出かける学生が多数います. 2019年3月3日~4日に岡山理科大で開催された日本デジタルゲーム学会には,3年生の飯田帆南さんと塩谷彩佳さんが「伝承遊びによる世代を超えたコミュニケーションの促進支援を目的としたデジタル福笑いの試作」,4年生の齋藤憧弥君が「子供音楽教室の教師支援を目的としたシリアスゲームXyloStoriesの試作」というタイトルで,研究成果の発表をしました.

数理情報工学科の学生の中には,春休み中に各地で開催される学会発表に出かける学生が多数います. 2018年3月2日~3日に福岡工業大学で開催された日本デジタルゲーム学会には,オランダ・ユトレヒト芸術大学からの留学生ナディアさん,3年生の坂口譲君,齋藤憧弥君,藤橋良太君,船橋岳留君がが「英語の語彙能力向上を目的としたシリアスゲームFishyFishyのゲーム性向上法の提案」及び「複数人の協調体動により音楽演奏を楽しむFloorPadの試作」というタイトルで,研究成果の発表をしました.

4年生の齋藤憧弥君が2019年2月20日に幕張で開催された千葉県内情報系大学卒論発表会(主催は 千葉県情報サービス産業協会)で数理情報工学科の代表として発表し,優秀賞を授賞しました.

2019年3月3日~4日に岡山理科大で開催された日本デジタルゲーム学会で,数理情報工学科の粟飯原萌先生が若手奨励賞を授賞しました.粟飯原先生は学生時代から学生広報委員として活躍し、今年度からは広報委員としてホームページインスタグラムフェイスブックツイッターなどのメディアを通した学会活動の社会への発信を担当しています。研究面ではシリアスゲーム型の学習用教材の構築法を提案し様々な教材開発に応用している他、学生時代からシリアスゲームジャムの運営に関わり、次回第8回シリアスゲームジャムの企画をまもなく開始するところです。おめでとうございます.

不調のため約2年間お蔵入りしていたDiamondTouchですが, 春休みに分解整備して2019/2/28に動作するようになりました.この動画は先程撮ったビジターが来なくてプレイできないLineHo!ckeyです, 4月からの新3年生の研究室配属に向けて,しばらく研究室でプレイ可能にしておきます.ゲーム音楽はオリジナルですが,このオープニングにはボコーダを通した私の声も入ってるのを知っているのは,おそらく誰もいないでしょう.