コンピュータサイエンスComputer Science

コースCourse

コース選択

ンピュータサイエンスコース(旧名:情報工学コース)では、情報工学分野に焦点を絞り、ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育を目的としています。特に、産業界の要請等も十分に配慮し、インターネット、マルチメディア、知的情報処理といったITの中心となるソフトウェアの要素技術、およびそれらを統合した情報システムの開発技術の習得ができます。情報工学(ソフトウェア)の標準的な基礎科目はもちろん、コンピュータを用いた実技科目が多数用意され、基礎技術力に基づいた実践的な技術力が養われます。

<学習・教育到達目標>(クリックするとPDFをダウンロードできます)

本学部は、その名称にも現れているように、ものづくりという実学的側面を重視した教育を目指してきていました。また、本学科は長年にわたり数理工学科と称し、理論的側面を重視する数理工学を教育到達目標としていました。しかし、数理工学自体が情報工学と密接に関連する部分が大きくなり、数年前よりカリキュラムは情報工学の主要科目をほとんど含むものとなり、情報教育の環境も整備されてきています。さらに、近年は大半の卒業生がソフトウェア開発等の情報関連の職業に就くようになり、本学科の情報教育は産業界から評価されるようになってきています。このように、本学部学科の伝統、実績、また、学生や社会の要望、さらには卒業生の活躍分野などに十分配慮し、

  • 産業界等の社会からの評価と実績のある情報処理分野
  • 学部の伝統であるものづくりとしてのソフトウェア開発
  • 学科の伝統である数理的思考としてのコンピュータサイエンス

の3点を踏まえ、「ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育」を本コースの中核的な学習・教育到達目標としています。そして、「数理的素養を備え、コンピュータサイエンスに基づいたエンジニアリングデザイン能力と実践的ソフトウェア開発能力を持ち、グローバルな視野のもとで協働して社会の問題解決に挑める技術者」をコンピュータサイエンスコースの育成しようとする自立した技術者像と定めています。

より具体的には、数学、自然科学を始めとする基礎学力、情報数学を始めとするソフトウェアに関する基礎的かつ数理的素養、情報工学の各種中核的要素技術、さらにそれらの技術を踏まえた次の2項を備えた技術者の育成を目的としています。

  • ソフトウェア開発における実践的技術力の基礎的素養
  • コンピュータサイエンスに基づいた情報技術開発能力の基礎的素養

これらのことを踏まえ、国際社会の中核で活躍できる問題解決能力をもった情報処理技術者の育成を目的とし、少人数で習熟達成度を重視した木目の細かい教育が行われます。

A 地球的視点と技術者倫理の習得
B 自主的かつ継続的な学習能力とグローバルな評価への向上心の習
C 基礎学力と実技能力の習得
D 数学、自然科学、情報技術に関する専門知識を駆使した問題解決と技術開発能力の習得
E 社会の要求に対する問題解決能力とデザイン能力の習得
F 表現およびコミュニケーション能力の習得
G 自主的かつ計画的に仕事を進める能力の習得

学習・教育到達目標と科目関連表

2021年度までの入学者用