日本大学生産工学部 数理情報工学科 新着情報
Mathematical Information Engineering News

新井雅之
(Masayuki Arai)



情報ネットワーク
オートマトン
プログラミング及び演習

コンピュータシステム及びネットワークの高信頼設計

伊東拓
(Taku Itoh)


コンピュータアーキテクチャー
オブジェクト指向及び演習
離散数学

数値解析
コンピュータグラフィックス

浦上大輔
(Daisuke Uragami)


数理計画法
複雑系と創発
数理情報システム実験

複雑系科学
人間情報学
内部観測

岡哲資
(Tetsushi Oka)

CGデザイン及び演習
アニメーション
インタラクティブシステム特講

マルチモーダル対話システム
家庭用ロボット
知的住環境

角田和彦
(Kazuhiko Kakuda)



数理情報工学概論
情報化社会と情報倫理
数値シミュレーション


流れの数値シミュレーション
Linuxによるネットワーク構築及び並列分散処理
非線形問題に関する数値解析法の開発

関亜紀子
(Akiko Seki)

メディアと社会
インターネット
マルチメディアデータ論

コンテンツ流通支援と権利許諾管理に関する研究
デジタルコンテンツの信頼評価に関する研究


髙橋亜佑美
(Ayumi Takahashi)

メディア数理
システム解析
数理情報システム実験

振動と音響に関する研究

栃窪孝也
(Kouya Tochikubo)


UNIX演習
計算論
システム・ネットワーク管理

情報理論的な鍵共有問題に関する研究
暗号・情報セキュリティに関する研究
統計的な乱数検定法に関する研究

中村喜宏
(Yoshihiro Nakamura)


インターネットプログラミング
ヒューマンインタフェース
オートマトン

適応型ヒューマンインタフェース
Webインテリジェンスとインタラクション
情報家電ネットワーク

野々村真規子
(Makiko Nonomura)

UNIX演習
数理情報工学概論

非線形物理
数理生物
ソフトマター物理

古市昌一
(Masa Furuichi)


オペレーティングシステム
ゲームプログラミング及び演習
技術者倫理
産業関連法規(知的財産権)

モデリング&シミュレーション(災害・歴史等)
シリアスゲーム構築法(教育,医療・福祉等)

細川利典
(Toshinori Hosokawa)


アルゴリズムとデータ構造
ソフトウェア構築
ソフトウェア構築演習

システムLSIのテストCADに関する研究
ハードウェア・ソフトウェア協調設計CADに関する研究
組合せ最適化問題に対するアルゴリズム

見坐地一人
(Kazuhito Misaji)


ダイナミックス
応用解析学
モデリング&デザイン

音響・振動の数値シミュレーション
人体筋骨格数理モデル
スポーツ健康解析
自動運転時の乗り心地解析
人工知能と数理モデルによるパワーアシストスーツ研究

目黒光彦
(Mitsuhiko Meguro)


人工知能
情報メディア
プログラミング及び演習II

色覚バリアフリーを実現するカラー画像処理
非線形信号処理に基づく劣化画像の復元・強調
コンテンツベースの映像メディア処理

山内ゆかり
(Yukari Yamauchi)


コンピュータ概論
プログラミング及び演習I
カオスと情報処理


人工知能(学習、最適化、曖昧さを取り入れた推論)
ニューラルネットワーク
複雑ネットワーク

数理情報工学科では,3年次に研究室への配属を行います.各研究室に配属される学生の定員は約11名で,当該年度の学生数と教員数によって決まります.令和3年度(2021年度)の研究室配属に関しては、決定次第こちらに公開します。既に研究室では配属のための説明会を実施しているところもあるので,個別に問い合わせをすることをおすすめします.以下の情報は令和2年度(2021年度)のものです。


数理情報工学科では,3年次に研究室への配属を行います.各研究室に配属される学生の定員は約11名で,当該年度の学生数と教員数によって決まります.2020年度は15研究室に配属されます.各学生は2019年度後期までに取得した単位数に応じて以下の配属区分により2020年度または次年度以降の配属が決まります.

新入生向けに作成したメッセージビデオですが,研究室配属の際にも参考になります

配属区分

  • (1)正規配属:70単位以上取得者 
  •  →配属希望記入票を使用する 
  • (2)特別配属:60単位以上70単位未満取得者および3年次編入生 
  •  →配属希望記入票を使用する 
  • (3)次年度配属:60単位未満取得者
  •  →次年度以降配属を実施する(本年は配属を実施しない)

なお,次年度以降に研究室配属される学生は,生産実習の履修も原則として次年度以降になる.ただし,次年度に卒研着手条件(104単位)を満たす可能性がある場合に限り履修を認める場合もあるので,事前に担任に相談すること.

例年研究室配属は新学期最初の水曜日3・4時限目に教室で研究室説明会を実施しますが,2020年度はCovid-19感染対策のためにHP上だけで実施します.各学生は,以下の一覧に示されている研究室毎の説明会・面談方法を確認し,研究室の説明を受けて面談等を実施してください.記載されている内容は,配属希望申し込み開始日までに変更される可能性がある点,注意願います.希望する研究室を決めたら配属希望記入票を提出し,その内容に基づいて教員が決定します.例年研究室訪問期間数理情報工学科の23号館は混雑します.2020年度はCovid-19感染対策のため登校できませんので,各研究室で定めた方法で研究室説明と訪問/面談等を実施してください.

  • 配属希望申し込み開始:2020年5月13日(水)正午
  • 配属希望申し込み方法:ここをクリックしてフォームを提出(NU-Mailのアカウントを選択・ログインすること)
  • 配属希望申し込み締切:5月19日(火)正午
  • 配属課題の実施:5月20日(水)3,4時限目:「学習支援システム」上の「ゼミナール」あるいは「ゼミナール(S)」で出題された課題(共通教材>第2回授業のレポート課題)を実施し,「学習支援システムへ提出」すること.学修満足度調査の未実施者は,こちらも実施すること(学修満足度調査へのリンク). 課題の内容「自分の自己紹介文を日本語及び英語でA4一枚程度でWordにまとめ,学習支援システムに提出せよ(形式は自由)」.学習支援システムがダウンしている場合は,復旧を待って提出のこと.履修登録中の学生は,履修登録が完了してから提出のこと.
  • 配属結果の発表:5月20日(水)17:00 HP上で結果を発表(ここをクリック).各学生は,配属先を確認した後配属先研究室の教員にメールを送付し,27日(水)の「ゼミナール」及び「数理情報工学演習」に関する指示(時間と方法等)を受けること.
  • 第1回目のゼミナール・数理情報工学演習:5月27日(水) ※配属先研究室教員の指示による

以下の一覧が2020年度の配属先研究室の一覧です.各研究室の説明会及び面談実施方法について,下表には仮のものが記載されてます,授業開始日直前にアップデートされる予定です.

教員免許を希望する数理情報工学科および大学院数理情報工学専攻の学生は,計画的な履修を行うことにより 以下の免許状を取得することが可能です.

<学部卒業>

  • 中学校教諭一種免許状(数学)
  • 高等学校教諭一種免許状(数学,情報)


<大学院修了>

  • 中学校教諭専修免許状(数学)
  • 高等学校教諭専修免許状(数学)

受験という厳しい関門をくぐってきたばかりの1年生の学生諸君に、就職の問題を取り上げるのは時期不相応と考える人もいる ことと思います。しかし、1年の計は元旦に有りの格言ではないが、この時期からじっくり将来のことを考えることが、勉強の方向付けを確かにし、4年間の大 学生活をより充実した意義のあるものとすることができます。 就職とは広辞苑でみると「職につくこと」とあり、職とは「(i)担当の務め、またその地位、(ii)生計のための仕事・職業、(iii)身につけた技 能」 とあります。これを系統的に考えると、身につけた技能を生かして、担当の務めを果たし、それによって暮らしも立てるということになるであろう。

ところが、近年学生諸君の中には、就職というものを履き違えて就社のように考える人が少なくない。つまり、大企業、公務員になることが最大目標のように 考え、それらの会社に入社できればあとはどうにかなるであろうとの甘い考えを抱く学生諸君が近年特に目立ってきています。特に今日、高度経済成長が安定成 長から減速成長に入るにつれ、学生諸君の就職に対しての考え方が、自らの技術を生かせる職場という本来の考え方とは裏腹に、自分の専門とはかけ離れても、 安全(潰れない?)な職場を志向するようになってきています。

しかし、過去を振り返ってみれば分かるように、これからの大企業、公務員といっても、時代が推移すればどのようになるか先を予測することはできません。 また所属の職場が安定していたとしても、自分の目標とは違って、ただ単に安定のためのみで仕事を選択した場合、長い人生を考えてみれば退屈この上もなく、 つまらない人生を歩むことになるであろう。このことは社会保障の最も行き届いたスウェーデンで自殺が一番多いということにも通じます。

さらに企業の側でも、もはやそんな意欲の無い人を抱えている余裕はなくなっています。今日多くの企業は人材をただ単に人より知識があるとか、成績がよいということでなく総合的な能力をもった人材を求めるようになってきています。

数理情報工学科では、生産工学部の就職指導課と一体となり、学生諸君の実力と素質(性格等)をもとに、就職委員並びに卒業研究指導教員が諸君の将来の進路について日頃から情報を交換し、各自の志望に対処できるように努力しています。

就職指導

就職指導に関しては、就職指導課発行の「就職の手引」と「就職対策テキスト」が4年次4月のガイダンスで配布されます。ま た、3年次に就職対策講座及び合同企業セミナー等があるので掲示に注意し、必要な情報を逃さないようにして欲しい。「就職調査カード」と「就職申込カー ド」は必要事項を記入し、5月末日迄に数理情報事務室へ、「採用決定者登録票」は卒業時に進路先名簿配布の為、就職・進路が決定したら速やかに提出すること。なお、数理情報工学科でも数回の就職ガイダンスを実施しています。

公務員を目指す

公務員には、国家公務員と地方公務員に分かれ、さまざまな組織・職種があって、採用試験もそれだけ種類が多岐にわたっています。


国家公務員採用試験と呼称され、一般的な事務や技術的業務に従事する職員を採用する国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)・総合職試験(大卒程度試験)、一般職試験(大卒程度)、一般職試験(高卒者) 国家公務員の場合、一般的には現在の学校区分に応じて、国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)・総合職試験(大卒程度試験)、一般職試験(大卒程度)、一般職試験(高卒者)等に大別されます。
地方公務員の場合、各都道府県および市により多少異なるが、採用試験方法、出願手続きは、国家公務員と同様のやり方がとられています(詳細は当該機関に問い合わせのこと)。


したがって、公務員受験者は、公立学校の教員の場合と同様に採用試験に合格しても必ずしも採用されるとは限らないため、志願者はあらかじめこの点を心得ておくべきです。また、公務員採用試験の倍率は一般に高いので徹底的に勉強する必要があります。生産工学部では「公務員対策講座」を実施しているので、公 務員志望者は1年次から積極的にそれを受講することを勧めます。

各種資格の取得法

  • 情報処理技術者
    • 情報処理技術者試験は、情報処理の発展の中核的役割を果たすべき技術者を育成確保するための施策として行われ、情報化時代における1つの技術レベルのめ やすとなる国家試験です。この試験に合格しないと情報処理の業務に従事できないというものではないが、在学中でも受験ができ、試験内容も本学科のカリキュ ラムで学ぶ部分が多い。さらに、この資格を有していると就職時にも有利に取り扱われることがあるので、沢山の学生が受験することが望ましい。 詳細については、次のホームページを参照されたい。 http://www.jitec.ipa.go.jp/
  • 教育職員免許
    • 中学、高等学校等の教員になるためには、教育職員免許法に定める所の免許状を有する必要があります。そのために本学部では教職課程が設置されています。 教職課程の履修に関しては、“キャンパスガイド”に詳しく述べられているので、受講希望者は熟読して欲しい。
  • CG検定
    • CG-Arts協会が実施するCGクリエータ,CGエンジニア等メディアデザインに関する資格試験です。2012年度に数理情報工学科はCG検定において全国トップ10を達成した他,毎年多くの学生が受検しています。http://www.cgarts.or.jp/

主な就職先

富士通(株)
三菱電機(株)
日本電気(株)
シャープ(株)
(株)東芝
(株)東京技術計算コンサルタント
(株)ユニリタ
(株)セガゲームス
アルパイン(株)
東京地下鉄(株)
(株)インターネットイニシアティブ
日本特殊塗料(株)
NECプラットフォームズ(株)
富士ソフト(株)
(株)ニトリ
ANA成田エアポートサービス(株)
凸版印刷(株)
(株)サイバーエージェント
千葉県教育委員会
栃木県警察本部
公立学校教員
市立學校教員


数理情報工学とは,数理工学,情報工学,メディアデザイン工学といった様々な「情報」を扱う学問です.技術確信の早い高度情報化社会の中にあって,本学科では,世の中にニーズにマッチした新たな技術を開発する実践的能力と,数理工学・情報工学及びメディアデザイン工学を基本とする各能力を備えた情報処理技術者を育成します.特に,2006年から「情報工学コース」は日本技術者教育認定機構による認定を取得した他,2010年から「メディアデザインコース」はCG-ARTS協会による教育認定校となっている他,本学科で学ぶ学生は基本情報技術者,応用情報技術者をはじめ,CGクリエイター,CGエンジニア等在学中に様々な資格取得を目指しています.


本学科には、それぞれの技術分野を目指す「数理情報システムコース(*)」,「情報工学コース」と「メディアデザインコース(**)」の3つのコースが用意され,多様なニーズに対応しています.各コース毎の学習・教育到達目標は次の通りです.

*数理情報システムコース: 平成19年度に情報数理コースとして開設,平成25年4月より名称を変更

**メディアデザインコース:平成21年4月に開設
 
学習・教育到達目標(クリックするとPDFをダウンロードできます)
 
 
学習・教育到達目標とカリキュラムとの対応表

平成25年度までの入学者用


平成26年度以降の入学者用

生産工学研究科

日本大学大学院生産工学研究科は津田沼キャンパス内に置かれ、学部における一般及 び専門教育を基礎とし、より高度の科学、技術を修め、研究能力を養う2年間の博士前期課程(旧称は修士課程)と更にその上に専攻分野における独創的研究成果を発表することによって、学術の進歩に 寄与することを要求される博士後期課程(旧称は博士課程)がある。それぞれ課程修了時に論文を提出し、審査に合格すれば工学修士、工学博士の学位を授与される。

数理情報工学専攻

上述の生産工学研究科には7専攻が設置されており、その一つが数理情報工学専攻(入学定員 前期課程10名、後期課程3名)です。前期課程に進学すると別表に示された修士論文指導者である教授または准教授の研究室に所属し指導を受けることになるので、各研究室の内容についてよく調べておくことが大切です。なお、大手企業では近年益々高度の学力を持つ技術者・研究者を要求するようになり、博士前期課程修了者中心の採用を行う傾向が強くなってきました。 なお、数理工学科を名称変更し、数理情報工学科として教育を開始したので、大学院数理情報工学専攻も、その変容に適切に対応するべく授業科目およびスタッフの充実について検討を重ねる。

奨学金

大学院生に対しては、修学中の経済的負担を補助するために、次のような奨学金制度が設けられている(平成19年度現在)。

  1. 日本育英会奨学金:前(後)期課程 8万8千円(12万2千円)/月、かなりの数の学生
  2. R.Fケネディ奨学金:後期叉は前期 20万円/年、研究科全体で1名
  3. 古田奨学金:後期または前期 20万円/年、研究科全体で若干名
  4. 日本大学生産工学部奨学金:第1、2、3種があり、研究科全体で若干名

また他機関による奨学金も次第に確立される機運にあります。さらに本学独自の学生負担軽減策として、ティーチングアシスタント給費制度があり、慣例とし て前期2年の学生の多くが給費生に選ばれ、学部学生のティーチングアシスタントの仕事に当たります。

入学選考及び出題

学部学生が大学院(博士前期課程)進学を希望する場合、学部4年次の7月(第1期)に行われる学内選考(学業優秀な本学生 の推薦入学)制度と、3月に行われる一般選考(第2期:本学および他大学からの進学希望者から試験により選考する)制度の2つの選考機会を有します。学内 選考は学部3年次までの成績の順位を参考にし、口述試験(専門科目・外国語・その他)のみによって行われます。一般選考は筆記試験の英語1時間30分と、 専門科目(数理情報工学専攻では、数学が必修で、他に物理学・応用力学・システム工学・数値シミュレーション・情報工学・情報数学の7科目のうちから数学 を含めて3科目選択)3時間となっています。 出願に必要な書類は、大学院入学志願票(写真貼付)・調査表・卒業(見込)証明書・健康診断書などであるが、詳細は、大学院入学試験要項を読まれたい。

プロジェクト演習(S)・プロジェクト演習(2年後期)

情報セキュリティ(S) 3年後期

コンピュータグラフィックス(3年後期)

数理情報工学演習(3年前期・後期)

放課後の学生談笑

システム解析(2年後期)

卒業研究は大学生活の総括とも言える重要な科目であり、必修科目と指定されています。


卒業研究は、3年次までに履修した知識を総合的に活用し、1つのテーマのもとで研究を行い、その成果を論文の形でまとげあげ発表するものです。学生は、 卒業論文の作成によって、初めて研究の仕方、材料の集め方、そのまとめ方、論文の書き方、発表の仕方等普段の講義によっては得られないものを会得するであ ろう。その実施に当たっては、指導に当たる教員、大学院生、学友と十分に討議を重ね、記憶力よりむしろ理解力と創造力を積極的に発揮しなければならない。 このような知的能力の開発は、将来研究者として立つ人ばかりでなく、技術者や教育者として頭を使って社会で活躍する人にとっても不可欠です。


卒業研究に着手できるのは、取得総単位数が100単位以上で、かつ3年次までの未修得の必修科目数が3科目以内の学生です。卒業研究着手者名簿は4月初頭に発表されます。

卒業研究の実施方法

どのように卒業研究を希望するかは、各研究室より3年次後期に発表される卒業研究課題を参考にして、卒業研究課題を指導す る教員との対話あるいは卒業研究発表会などに積極的に参加することで研究内容をある程度理解したうえで、希望する研究室を選ぶことが大切です。希望する研 究室へのアプローチは、学生自身の積極的に研究を理解しようとする姿勢が重視されます。研究テーマが決定したならば、次はいかなる方法で研究するかを考 え、なるべく詳細に計画を立てます。もちろん研究の進行に伴い予期に反する事情が起こり、計画を変更しなければならぬ場合もあるから、ある程度弾力性のあ る計画が望ましい。周到な研究計画は無駄を省くと同時に手落ちを無くし、最少の労力と短期の期日とをもって目的を達成させる第一の近道です。研究計画が決 まったなら、今度は材料集めにとりかかります。家の設計図ができ上がったら、それに基づいて必要な建築材料を集めるのと同じことです。
テーマの性質によって、実験・観察・調査と方法はいろいろありますが、とにかく材料は豊富でなければなりません。貧弱なデータの上に大きな論文を組み立てたのでは、いわゆる砂上の楼閣で不安定この上もない。
12月の授業の終了日に卒業研究本論文を数理情報工学科事務室を通して指導教員に提出します。本論文の書き方はそれ自体論文作成の重要な作業であるが、 ここで簡単に規定できないので指導教員の指示に従うものとします。提出された本論文は各研究室に永久保存されます。
1月末に卒業研究概要集の原稿を4年担任まで研究室毎にまとめて事務室に提出します。原稿の形式は指導教員の指示に従うものとします。なお、この概要は“ 数理情報工学科卒業研究概要集”として印刷・製本され、2月末に各人に配布され卒業研究発表会で使用します。また、数理情報工学科の各研究室をはじめ学部 内外で永久保存されます。
卒業研究発表会は各自が取り組んだテーマに関する成果を発表し、客観性を問う為に行うものです。また、そこで得られた意見および批判を基に、これからの 発展に反映させ、役立ててほしい。なお、2・3年生の将来、卒業研究テーマを選択するとき大変参考となるでろうから、この機会を逃さず先輩の発表会に積極 的に参加することが望ましい。数理情報工学科では2月下旬に、卒業研究発表会を開催します。

主な卒業研究テーマ (今後の予定も含む)

  • ミクロモデルに基づく道路交通シミュレーションと渋滞原因解明に関する研究
  • マルチプレイヤネットワークゲームにおける人工知能の応用法に関する研究
  • シリアスゲームのデザイン法に関する研究
  • マルチエージェントモデルによる災害時避難シミュレーション法に関する研究
  • 協調型音楽メディア作成環境へのマルチユーザタッチパネルの応用法に関する研究
  • 超音波探傷に関する研究
  • 需要予測に関する研究
  • 物理現象のシミュレーション
  • AHPによる地震災害危険度の解析
  • 情報化社会における気象情報のあり方
  • データベースを用いたペーパーレス化
  • 電力需要予測に関する一考察
  • 衛星画像による都市の植生評価
  • DTMにおける作曲支援
  • 有限要素法による強制対流の数値シミュレーション
  • 有限要素法による熱源角柱まわりのLarge-Eddy Simulation
  • 圧縮性Euler方程式のTVD有限要素解析
  • 乱数について
  • 統計的シミュレーションによるシステムの最適化問題
  • コンピュータ(インターネット)を利用した教育支援システムの開発
  • 車両用防振ゴム振動特性に関する研究
  • 免震構造の振動応答に関する研究(積層ゴム型及びすべり摩擦型免震について)
  • 容器構造の動的挙動に関する研究(応答解析と加振実験について)
  • ペトリネット理論による離散事象システムのモデル化と挙動解析
  • 社会情報学と社会システムの構造解析
  • 情報ネットワークシステムの性能評価
  • 主成分分析、AHPを用いた企業選択
  • 数量化 I 類によるコンビニエンスストアの売上予測
  • 重回帰分析による賃貸住宅の価格の推定
  • 最良優先探索による詰将棋プログラム
  • エキスパートシステムによる発注システムの構築
  • インターネットおける人工生命
  • 有限要素法-セル・オートマトンによる構造物の自己組織化シミュレーション
  • 境界要素法の2次元自由表面問題への適用
  • 射影フィルタによる弾性体の欠陥同定問題の解析
  • 風力発電導入地点の風況および発電量の予測
  • 風車の周辺へ及ぼす騒音予想について
  • 翼列翼の非定常空気力の計測
  • 流体潤滑問題の数値シミュレーション
  • 二次元熱伝導現象のシミュレーション
  • 魚の推進メカニズムの流体力学的解析
  • AHPによる新車の選定
  • 3次元空間における多関節ロボットの障害物回避システム
  • AHPによるゲームソフト売上順位予測
  • 遺伝的アルゴリズムによる構造フォルムと施工経路の最適化
  • 拡散ラティスガス・セルラーオートマタと複雑系
  • 簡単なルールを持つ個体群による協調作業の創発

 

数理情報工学科には次の3つのコース(情報工学,メディアデザイン,数理情報システムコース)があります.情報工学コースへの所属は,入学後の1年次に決定します.メディアデザインコースと情報数理コースのいずれに所属するかは,2年の前期に決定します.

各コースの詳細は左の各リンクまたは次のリンクをクリックしてください.コースを決定するための基準は次の通りです.

情報工学コースへの所属決定は,新入生の場合は入学後の1年次,編入生の場合は編入時において,学生の希望及び次のような選抜基準によって決定します.

新入生に対する情報工学コースの選抜基準について

情報工学コースの定員は約40名です.希望者の中から本人の意思を重視し,面接とプレースメントテスト(入学時に行われる数学,理科,英語の試験)により選抜します.

編入生に対する情報工学コースの選抜基準について

編入前の学校の所属する学科またはコース等においてJABEE対応の授業が実施されていて,数理情報工学科の情報工学コースに設置された科目の単位が認定された者は,当該コースを希望することができます.双方の教育目標,認定された単位数及び面接を参考に選抜します.

  • メディアデザインコース
    • メディアデザインコースへの所属決定は,2年前期期にコース履修申込書による希望調査で行います.定員は約60名です.希望者の数が定員を超過した場合は,2年次前期までの成績を参考に選抜する場合があります.
  • 数理情報システムコース
    • 数理情報システムコースへの所属決定は,2年前期にコース履修申込書による希望調査で行います.定員は約60名です.

数理情報システムコースでは,技術革新の速い高度情報化社会に柔軟に対処できる情報処理技術者の育成を目指しています.情報工学分野の基礎能力を身につけ,コンピュータによる実技を含む情報処理技術者に必要とされる各種技術の習得ができます.さらに,情報工学の周辺学際領域の科目も多数設置されており,意思決定支援システム,ネットワーク,自動車等の騒音解析等,複雑なシステムの数理モデル化と,その解析やシミュレーション技術などについて自由に選択し学ぶことができます.

<学習・教育目標>

本コースでは「柔軟な思考をもった情報処理技術者育成のための教育」を目指しています。柔軟な思考の基礎となるのが数学であり、それを具体化する道具として コンピュータがあります。これらの二つを用い、新しい問題を解決するのに必要な「数理的発想・思考・方法」を学びます。その「数理的発想・思考・方法」と は、自然システム、人工システムや情報システムなどのさまざまな分野に対する個々の問題を個別に解決しようとするのではなく、個々の問題に共通に内在する ものを抽象化して数理モデルを構築し、そのモデルを解析し、問題の本質を理解しようとするものです。さらに、収集蓄積された情報に対し、適切に分析評価す る能力、及びその情報を発信するのに必要な情報技術の活用能力も養います。  以下に、本コースの学習・教育目標は次のとおりです。

  1. 【基礎科学及び専門工学知識の習得】 数学、物理学などの自然科学の基礎知識を養うことは、柔軟な思考をもった知の構築においては重要なことであると考えてい ます。それらの基礎科学知識を身につけ、情報工学に関する基礎理論やその応用能力など(分析やシミュレーション技術を含む)の専門工学知識を習得し、さま ざまな分野における技術開発を効果的に行えるような技術者を育成します。
  2. 【技術者倫理の習得】 高度に情報化された社会を支える要因としては、情報技術の進展のみならず、その社会の一員としての我々の倫理観や責任感も重要となります。情報技術の社会や自然への影響をその功罪を含 めて判断できる倫理観と責任感を有する幅広い教養を身につけ、知的所有権などの法的側面にも熟慮できる技術者の育成を目指します。
  3. 【情報技術の活用能力の習得】 「情報」に関する新しい教育課程は平成15年度の高等学校新入生から適用されることになり、新しい教科「情報」が高等学校に設置され、それを担当する教員の必要性がますます高まるものと予想されています。このような教育環境状況を考えると、情報工学に関する理論の習得はもとよ り、情報を収集蓄積し、適切に分析評価し、魅力的なデジタルコンテンツを作成する能力を身につけ、さらに情報を発信するのに必要な情報技術の活用能力を習 得することは重要です。
  4. 【システムのデザイン能力とインテグレーション能力の習得】 高度情報化社会に対処できる技術者の育成を目指 し、数理システムや情報システムの中に内在している問題のモデル化とそのソフトウェア開発やシミュレーション、さらにその成果をもとにしたシステムのデザ イン能力およびインテグレーション能力を習得します。また、これらの一連の作業により得られた結果を現実の問題や現象にフィードバックし、再度評価するこ とにより数理モデルの妥当性が検討され、数理システムや情報システム構築のための統合化を図ることになります。

<コースの特徴>

  1. 情報工学の周辺学際領域の科目も学ぶことができます。
  2. 選択科目が多数あり、計画的に科目履修する必要があります。
  3. 科目の中で情報処理技術者資格などを取得するための配慮もされています。
  4. 教職課程「情報:高等学校教論一種免許状」・「数学:中学校教論一種免許状及び高等学校教論一種免許状」・「工業:高等学校教論一種免許状」の教員免許状が取得可能です。

メディアデザインコースでは,従来の情報を解析・処理するための情報技術ではなく,また単に情報を表示する技術だけでもなく,「魅力的な表現で,役に立つ情報を,必要とする人に提供する」ための情報の分析・処理・表現の全般に関するメディアデザイン技術を習得することができます.

どのメディアを用い,どのように表現すれば,その情報を必要とする人にわかりやすく効果的に伝えられるかといった,より深い視点で考えることができるクリエータやエンジニアを育成するため,次の各技術を学びます.

  1. メディアデザイン技術(Web, コンピュータグラフィックス,アニメーション,ゲーム,エンタテイメントコンピューティング等)
  2. メディアデザイン関連技術(マーケティングリサーチ,技術者倫理,知的所有権等)
  3. 複合メディアシステムの企画・設計・構築・管理を行うためのプロジェクトマネジメント技術

本コースの最大の特徴は次のとおりです.

  1. 様々な履修履歴を持つ学生に対しても柔軟に対応できるよう,文系・理系の枠を超えた文理融合型のカリキュラムが用意されています.
  2. 実技科目が多数用意され,多様なメディアコンテンツをデザインする能力や,複合メディアシステムの企画提案,設計,管理といったプロジェクトマネジメント能力等の幅広い知識と,世界を視野に活躍できるコミュニケーション能力の備わった技術者を育成します.
  3. 教職課程(「情報・高等学校教員一種免許状」)の教員免許を取得可能です.また,数理情報コースの一部の科目を履修することにより,「数学」の教員免許状を取得することもできます.

<研究百景>

百聞は一見に如かず.メディアデザインコースを理解するには, 関連研究を観るのが一番だと,メディアデザインコースのスタッフは考えてます.ここでは,研究風景が百景に達するまで次々と掲載しています.

(1)次世代のユーザインタフェースに関する研究風景

(2)次世代の協調型音楽制作卓に関する研究風景

(3)人工衛星の活用法に関するシリアスゲームの研究風景

情報工学コースでは,情報工学分野に焦点を絞り,ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育を目的としています.特に,産業界の要請等を十分に配慮し,インターネット,マルチメディア,知的情報処理といったITの中心となるソフトウェアの要素技術,およびそれらを統合した情報システムの開発技術の習得ができます.情報工学のソフトウェア分野における標準的な基礎科目はもちろん,コンピュータを用いた実技科目が多数用意され,基礎技術力に基づいた実践的な技術力が養われます.

<学習・教育到達目標>(クリックするとPDFをダウンロードできます)

本学部は、その名称にも現れているように、ものづくりという実学的側面を重視した教育を目指してきていました。また、本学科は長年にわたり数理工学科と称し、理論的側面を重視する数理工学を教育目標としていました。しかし、数理工学自体が情報工学と密接に関連する部分が大きくなり、数年前よりカリキュラムは情報工学の主要科目をほとんど含むものとなり、情報教育の環境も整備されてきています。さらに、近年は大半の卒業生がソフトウェア開発等の情報関連の職業に就くようになり、本学科の情報教育は産業界から評価される

ようになってきています。このように、本学部学科の伝統、実績、また学生や社会の要望、さらには卒業生の活躍分野などに十分配慮し、以下に示す3点を踏まえ「ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育」を本コースの学習・教育目標としています。

  • 産業界等の社会からの評価と実績のある情報処理分野
  • 学部の伝統であるものづくりとしてのソフトウェア開発
  • 学科の伝統である数理的思考としてのコンピュータサイエンス

より具体的には、数学、自然科学を始めとする基礎学力、情報数学を始めとするソフトウェアに関する基礎的かつ数理的素養、情報工学の各種中核的要素技術、さらにそれらの技術を踏まえた次の2項を備えた技術者の育成を目的としています。

  • ソフトウェア開発における実践的技術力の基礎的素養
  • コンピュータサイエンスに基づいた情報技術開発能力の基礎的素養

これらのことを踏まえ、国際社会の中核で活躍できる問題解決能力をもった情報処理技術者の育成を目的とし、少人数で習熟達成度を重視した木目の細かい教育が行われます。

A 地球的視点と技術者倫理の習得
B 自主的かつ継続的な学習能力とグローバルな評価への向上心の習
C 基礎学力と実技能力の習得
D 数学、自然科学、情報技術に関する専門知識を駆使した問題解決と技術開発能力の習得
E 社会の要求に対する問題解決能力とデザイン能力の習得
F 表現およびコミュニケーション能力の習得
G 自主的かつ計画的に仕事を進める能力の習得

学習・教育到達目標とカリキュラムとの対応表

平成25年度までの入学者用


平成26年度以降の入学者用