師走に入ったばかりの12月3日,数理情報工学科ではお昼休みに卒業写真アルバムのための集合写真を撮影しました.天気も良く,光線の具合も良く,とても良い写真が撮れました.結果は,卒業アルバムを楽しみにしていてください.

数理情報工学科が,生産工学部の受験生向けサイトの4ページ目で紹介されました.どこの研究室かはヒミツ,興味のある受験生の皆さんは是非とも自分の目で確かめに来てください.

数理情報工学科で研究室対抗ボウリング大会を行うのは何年振りでしょうか,11月21日に4研究室が集まって八千代台でボウリング大会を行いました!西澤研究室の学生が中心になって声掛けを行い,今回は栃窪研,関研,見坐地研,西澤研から約30名が参加して行いました.優勝は関研,準優勝は西澤研,大変盛り上がりました.先生方は翌日の筋肉痛が大変とのことでしたが,今後更に参加者を増やして続けていきましょう!

日本大学生産工学部は,「ものづくり」を特色として産業界に近いという強みを持っていることで良く知られてます.これまで45年にわたり,学部3年次に全員が必須科目として体験する外部企業等における生産実習(インターンシップ)を実施している他,企業などからの技術相談や技術指導,委託研究,共同研究などによる産学連携を推進しているのが特徴です. 一般的に,数理情報工学科はIT業界との関係が強いというイメージがあり,それは事実ですが,近年は自動車一台の中に100個を超えるCPUが搭載されている等,数理情報工学は自動車及び電機メーカとのつながりも大変強いというのが強みとなりつつあります.2010年に設立された自動車工学リサーチ・センター(NU-CAR)は2人の副センター長がいずれも数理情報工学科の教授で,それぞれ自動車メーカ及び電機メーカ出身の教授です.このNU-CARが,本日(2014年11月14日)の日刊工業新聞に広告を掲載しました.このような広告からも,生産工学部の強みは産学連携,そして就職にも安心というということが感じ取っていただけることでしょう.

情報セキュリティワークショップが2014年10月10,11日に新潟県湯沢町で開催され,数理情報工学科からは,サイバーセキュリティ人材を育成するために3年生が中心となって開発したシリアスゲームを特別展示しました.展示したシリアスゲーム名は「Theマルチタスク~成り上がれ!~」,数理情報工学科の古市先生が実行委員長を務めた第2回シリアスゲームジャムで数理情報工学科の学部生及び数理情報工学専攻の大学院生約15人が参加して開発した成果を展示したもので,東京工科大の学生が開発した2本のシリアスゲームと併せて特別展示しました.

サイバーセキュリティとは,近年激増しているサイバー攻撃(コンピュータへの不正侵入,データの改ざんや破壊,情報漏えい等)に対する防御を行うことで,我が国においては2004年に首相官邸内に「情報セキュリティ政策会議」が設置された後,現在は内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)において,サイバーセキュリティ戦略の検討から研究開発戦略立案等が行われてます.IPAによると,我が国における情報セキュリティに従事する技術者は約26.5万人と言われていますが,潜在的には約8万人のセキュリティ人材が不足していると言われており,このような人材育成を目的として数理情報工学科で取り組んでいるのが,サイバーセキュリティ人材を育成するためのシリアスゲームです.

「Theマルチタスク~成り上がれ!~」は,近年我が国の企業等が脅威に晒(さら)されている標的型攻撃メールに対する対処能力の向上を目的として学部3年生と2年生及び大学院生が開発したシリアスゲームで,一般公開するのは今回が初めてでした.我が国に限らずサイバー犯罪やサイバー攻撃の件数は増大しており,警察庁や防衛省からの講演の中でも,サイバーセキュリティの人材育成が重要性を力説されており,展示会場でも関係者の方々及び企業の方から有益なコメントを沢山いただきました.今後実用化に向けての研究が大変楽しみです.

日本大学本部野球部の主将に本学科4年の石田君が就任しました.写真は2014年9月6日(土曜日)に行われた国士舘戦の様子で,背番号1の石田君が打席で活躍している様子です.当日は残念ながら延長戦の末負けましたが,次の試合に向けて更なる練習に励んでます.皆で応援しましょう![/dropcap]

8月25日(月)朝7時から7時50分の「キャッチ!世界の視点」というニュース番組に,数理情報工学科非常勤講師の杉沼先生が出演し,マルチコプターに関する専門家として解説をします.杉沼先生は数理情報工学科で「コンピュータグラフィックス」と「技術者倫理」を教えてますが,小型機の操縦ライセンスに加えて教官ライセンスをお持ちで,マルチコプターに関しても専門家です.

市ヶ谷にある日本大学本部講堂で2014年7月19日(土)に学部連携ポスターセッションが開催され,生産工学部の代表として見坐地先生が発表されました.本ポスターセッションは,日本大学の学部同士が連携して共同研究開発プロジェクトを興すのを目的として毎年開催されるもので,見坐地先生は人体の筋骨格数理モデルについて発表しました.

NHKの歴史番組「英雄たちの選択」(BSプレミアム)スペシャルが2014年7月31日(木)19:30~21:00に放映されます.今回のテーマは「関ヶ原の戦い」,そしてタイトルは「両雄対決!石田三成vs.徳川家康」.本番組で,数理情報工学専攻博士課程の学生と4年生の学生が開発した,戦国時代の戦いをコンピュータ上で再現するシステム「戦国FUSE」が用いられます.

番組収録にあたっては,歴史家の小和田泰経先生とNHKのプロデューサが6月22日(日)に数理情報工学科の古市研究室にこられ,慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)の関ヶ原の戦いでもし武将○○○が○○しなかったら...,関ヶ原の戦いはどうなっていたか,という課題がNHKから与えられました.当日は戦いの主役となる各武将の特徴等を士気,忠誠心,攻撃力等のパラメタで表現する方法や布陣について打ち合わせし,○○○の部分について決定.そして,4年生の学生が中心となって「戦国FUSE」のプログラムを改修.続いて7月6日(日)の再度小和田先生とNHKが来られて関ヶ原の戦いをコンピュータ上で再現.当日収録には7時間を要しました.その後スタジオでの収録が7月13日(日)に行われましたが,担当の古市先生が海外出張で不在のため出演できずに,事前収録だけでの番組出演となりました.

○○○が○○しなかったら日本の歴史は変わっていたか,皆さんにとって興味のあるところと思われます.この番組で用いられた「戦国FUSE」はマルチエージェントシミュレーション技術を用いてJava言語で開発されたプログラムで,個々の武将の意思決定モデルがプログラムされ(AIあるいは人工知能と呼ばれます),仮想環境上で自律的に捜索・探知と意思決定を繰り返して動作します.コンピュータと歴史研究とは遠いと感じている方が多いかもしれませんが,数理情報工学科で学ぶモデリング&シミュレーションの技術は,歴史研究にも役立つことを感じ取っていただけるのではないでしょうか.

Flag Counter

Events
  • 数理情報システムコース
  • 定員50名
  • 2年前期決定
    一部少人数クラス
    IT/AI/自動車/通信等各企業を目指す学生多数
    数学教員を目指す学生も多数
    各種検定受験を推奨
    大学院進学者も多数
  • メディアデザインコース
  • 定員50名
  • 2年前期決定
    一部少人数クラス
    IT/AI/出版/広告/Web/ゲーム/映像システム開発等クリエイティブテクノロジ企業への就職を目指す学生が多数
    全員CG検定を受験
    大学院進学者も多数
  • 情報工学コース
  • 定員40名
  • 1年前期決定
    少人数クラス
    IT/AI/通信/電機/半導体メーカ等を目指す学生多数
    卒業時技術士補を取得
    基本情報処理技術者試験等を受験
    大学院進学者も多数
  • 大学院数理情報工学専攻
  • 定員10名
  • 前期博士課程(2年)・後期博士課程(2年)
    少人数クラス
    各業界研究開発職を目指す学生多数
    仕事をしながら博士号を目指す社会人博士後期課程学生も多数

問い合わせ先

E-mail
cit.office_su@nihon-u.ac.jp
電話
047-474-2650
郵便番号
275-8575
住所
習志野市泉町1--2-1
数理情報工学科に関する問い合わせは,取材に関する問い合わせも含めて事務室までメールまたは電話でお寄せください

アクセス

数理情報工学科は津田沼校舎に位置します

JR(総武快速)津田沼駅下車
京成バス 4番乗り場(三山車庫・二宮神社・八千代台駅行)または
5番乗り場(日大実籾行) 約10分 日大生産工学部下車
京成本線京成大久保下車徒歩10分 普通または快速を利用,特急、通勤特急は止まりません
京成津田沼より3分, 京成船橋より9分, 京成上野より39分

マップ