数理情報工学科 新着情報
Mathematical Information Engineering News

We also would like to hear from you.

国際会議DiGRA 2019の各委員,発表者及びデザイナとして学生と教員が活躍しました

Courtesy of Kenji Ono

国際会議DiGRA 2019 KYOTOが京都立命館大学で2019年8月6日(火)〜10日(土)に開催され,世界35カ国から400名を超えるゲームの研究者が集まり,シリアスゲームやゲーミフィケーション等ゲームの力を世の中の問題解決に応用する方法や,ゲームの芸術表現,eSports等ゲームの観戦と人との関係,知的所有系や法整備等,10のトラックに分かれて250の研究発表を行いました.参加者の中には女性研究者が非常に多く,また博士後期課程在学中の学生が多く,海外にはゲームで学位を取得する学生が多いのに比べて,日本ではゲームを学ぶ学生の多くが大学院へは進学しないという国の違いが大きく出たように思います.そのような事情の中,数理情報工学科の学生と教員はこの学会で次のような大きな役目を果たし,世界におけるデジタルゲーム研究における日本大学の存在感を大きくアピールできました.

  • Nadia Groenewald (ユトレヒト芸術大学からの交換留学生 (2018年2月〜7月)) : DiGRA 2019のロゴ,ポスター等メインビジュアル全般のデザインを担当
  • 齋藤憧弥君(大学院2年生):インタラクティブセッションで"Differences between M&S and Serious Games"というタイトルで発表,開発中のXyloStoriesをデモンストレーションしました
  • 粟飯原萌先生(助手): DiGRA 2019のOrganizing Committee委員としてホームページの管理等を担当
  • 古市昌一先生(教授): DiGRA 2019のProgram Committee委員として,500件を超える投稿論文に対して1,200人の査読委員を割り当てて採否を決定,プログラムを作成する業務を担当.また,粟飯原先生と共著の論文 "A Challenge of Developing Serious Games to Raise the Awareness of Cybersecurity Issues"を発表.

今年最後のオープンキャンパスを開催しました

本日(2019年8月4日)生産工学部では今年最後のオープンキャンパスを開催中で,数理情報工学科には多くの受験生の方が学生が開発したシステムを体験していただきました.午前中は中村先生による学科紹介の後,現在は 細川先生による「ストップウォッチのプログラミング体験」講義中です.今年最後のオープンキャンパスは,午後3時まで受験生の皆さんで賑わいました.

細川先生による「ストップウォッチのプログラミング体験」講義の様子

続きを読む...

3年生の学生が国際ゲームジャムで最優秀賞を受賞しました

2019年6月29日(土)~7月1日(月)に中国・吉林省・長春の吉林動画学院(Jilin Institute of Animation)で開催されてた国際ゲームジャムで,日本代表として参加した数理情報工学科の3年生柯文筑さん(台湾の中国科技大からの交換留学生)が所属するチーム"Panda Eyes"が開発したゲーム"Hungry Panda"が最優秀賞(金賞)を受賞しました! 柯さんはチームで3Dモデラーを担当し、本ゲームジャム最多国数の4カ国混成の6人チームを、得意の英語と中国語でチームのまとめ役を果たしました。おめでとうございます.
向かって一番左端が柯文筑さん,中央はYoon学院長

交換留学生が国際ゲームジャムに日本代表として参加中

2019年6月29日(土)~7月1日(月)に中国・吉林省・長春の吉林動画学院(Jilin Institute of Animation)で国際ゲームジャムが開催され,数理情報工学科からは台湾の中国科技大からの交換留学生柯文筑さんが日本大学の代表として参加しています. ゲームジャムとは,各国から集まった学生がチームを組んで48時間でゲームを制作するイベントで,今回の参加者はアジア4カ国(中国,韓国,シンガポール及び日本)から総勢約70名が集まりました.日本大学の柯さんは英語と中国語と日本語が話せるトライリンガルとしてチーム編成の際には大変な人気で,結果的に韓国,シンガポール,中国,日本(台湾)の全参加国のメンバ集まって6人のチームを組み,7月1日午後の審査会に向けて現在ゲームを開発中です.柯さんの担当は3Dモデリングで,ゲーム中に登場するキャラクタを全部自分で制作しています.

続きを読む...

スポーツ大会でオリジナルロゴ付きTシャツを披露しました

本日日本大学生産工学部ではスポーツ大会が行われ,午前中は学科別で新入生と教職員による各競技が行われました.数理情報工学科の1年生は健闘しましたが,9学科+教職員チーム中で第8位でした.しかし,自主創造の基礎1で各チームで作成したロゴを印刷した数理情報ブルーのオリジナルは,他のいずれの学科にも負けていませんでした.

続きを読む...

大学院進学説明会を実施しました

2019年4月13日(土),日本大学大学院生産工学研究科では学部4年生向けに大学院進学説明会を実施し,多数の学生及びご父母の皆さまにご参集いただきました.説明は数理情報工学研究科の見坐地教授他が行い,経験談を大学院2年の竹内君(細川研究室所属)他が行いました.今年度の第1期入試は7月6日です,多数の皆さんが大学院へ進学することを期待しています.

続きを読む...

新入生オリエンテーションで草津温泉へ行ってきました

2019年4月3日から一泊二日で150人近くの新入生と一緒に草津温泉に行ってきました.生産工学部では全新入生が入学直後にオリエンテーションを実施しますが,行き先は学科毎にまちまちです.数理情報工学科では近年栃木県または群馬県の温泉に行くことが多く,今年は他学科が全て千葉県内だったのと比較して,数理情報工学科の魅力の一つとなっているようです.

帰路立ち寄ったコンニャクパークでの集合写真 草津温泉中心にある湯畑

続きを読む...

アムステルダム応用科学大学HvAから先生方が訪問されました

2019年4月2日,数理情報工学科にはアムステルダム応用科学大学(HvA)から4名の先生方が来られました.HvAからは2015年以降スティーブン,マーチン,ナオミ,ダニエルの4人の学生がそれぞれ5ヶ月間留学生として滞在し,日本人の学生とチームを組んでソフトウェアの開発を行いました.しかし,まだ数理情報工学科の学生がHvAへ留学するケースは希望者がいないため実現しておらず,今回の訪問は将来のそのような可能性について相談するためでした.米国への留学も魅力的ですが,HvAでは英語によるPBL型のプログラムが用意されており,数理情報工学科で3年生が各研究室で実施する「数理情報工学演習」と似た形式で,オランダをはじめとする周辺諸国からの学生と一緒にソフトウェアを開発することができます.興味のある学生は,数理情報工学科の古市先生までお問い合わせください.

続きを読む...

148人の新入生を新たに迎えました

日本大学生産工学部では本日(2019年4月1日)開講式が行われて1800人を超える新入生が体育館に集まり,その後学科毎に教室へ別れて148名の新入生を数理情報工学科では迎えました.また,数理情報工学専攻では19人の新入生を迎えました.入学おめでとうございます!

続きを読む...

新年度ガイダンス等日程について

新年度のガイダンス日程はポータルサイト上に掲載されています.また,新年度よりWeb履修登録の締切が従来より早まっている点も含め,ガイダンス日程を十分確認してから新学期を迎えてください.各学年のガイダンス日程概略は次の通りですが,必ずポータルサイト上の情報を確認した上で,遅刻や欠席等のないようにしてください.

  • 大学院生全学年:ガイダンスは4月1日(月)13:30〜@39号館502教室,1年生の開講式は9:40〜@体育館
  • 学部4年生:ガイダンスは4月5日(金) 時間及び教室はコース毎異なる,当日23:59がWeb履修登録締切なので注意すること
  • 学部3年生:ガイダンスは4月5日(金) 時間及び教室はコース毎異なる,当日23:59がWeb履修登録締切なので注意すること
  • 学部2年生:学力テストは4月2日(火)9:30〜13:50, ガイダンスは4月5日(金) 時間及び教室はコース毎異なる,当日23:59がWeb履修登録締切なので注意すること
  • 学部1年生:開講式は4月1日(月)9:40〜@体育館,学生証交付は11:30〜37号館704,その他は事前送付資料の通り

大学院生が国際会議ICCES 2019で成果を発表しました

ICCES(International Conference on Computational & Experimental Engineering and Sciences)が東京理科大学にて3月25日~28日の日程で開催されました.参加者は,全世界から約500名が集まりました.そのICCES2019にて,本専攻1年生の榎本知幸君(角田研究室所属)の論文”New Activation Functions in CNN and Its Applications”が採択され,3月27日(水)に口頭発表(20分間)してきました.次回,ICCES2020の開催はモンテネグロの予定です.

数理情報工学科が「CG-ARTS賞 -合格者数部門-」を受賞!

数理情報工学科のメディアデザインコースではCG-ARTS協会認定教育を実施しており,毎年多数の学生がCG検定(CGクリエイター,CGエンジニア,画像処理エンジニア等各部門)を受検します.今年度,CG-ARTS協会から数理情報工学科は「CG-ARTS賞 -合格者数部門-」を授賞し,数理情報工学科主任の中村先生が賞状の授与を受けました.おめでとうございます.これは今年も多くの学生がメディアデザインコースの各講義及び演習で学び,CG検定に受検して合格してくれたことのおかげです,学生諸君に感謝いたします!

3年生山家弘大君がCG-ARTS賞を受賞!

数理情報工学科のメディアデザインコースではCG-ARTS協会認定教育を実施しており,コンピュータグラフィックス,アニメーション,ゲームデザイン,Webデザイン,画像処理等の各講義を通して学生の皆さんはメディアデザイン技術を学びます.CG-ARTS協会では毎年各認定校で優秀な成績(認定試験のエキスパート部門合格及び優秀な作品制作等)を収めた学生を表彰する制度があり,それがCG-ARTS賞です.今年度CG-ARTS賞に選ばれたのは3年生メディアデザインコースの山家弘大君(古市研究室所属)で,3月8日に表彰式を行いました.おめでとうございます.

粟飯原先生が若手奨励賞を授賞!

2019年3月3日~4日に岡山理科大で開催された日本デジタルゲーム学会で,数理情報工学科の粟飯原萌先生が若手奨励賞を授賞しました.粟飯原先生は学生時代から学生広報委員として活躍し、今年度からは広報委員としてホームページインスタグラムフェイスブックツイッターなどのメディアを通した学会活動の社会への発信を担当しています。研究面ではシリアスゲーム型の学習用教材の構築法を提案し様々な教材開発に応用している他、学生時代からシリアスゲームジャムの運営に関わり、次回第8回シリアスゲームジャムの企画をまもなく開始するところです。おめでとうございます.

春休み中も多くの学生が各地で開催される学会発表を楽しんでます

数理情報工学科の学生の中には,春休み中に各地で開催される学会発表に出かける学生が多数います. 2019年3月3日~4日に岡山理科大で開催された日本デジタルゲーム学会には,3年生の飯田帆南さんと塩谷彩佳さんが「伝承遊びによる世代を超えたコミュニケーションの促進支援を目的としたデジタル福笑いの試作」,4年生の齋藤憧弥君が「子供音楽教室の教師支援を目的としたシリアスゲームXyloStoriesの試作」というタイトルで,研究成果の発表をしました.

続きを読む...

学生が卒研で制作した作品を台北ゲームショウに出展しました

2019年1月24日~25日に 台北ゲームショウが台湾・台北で開催され,4年生の齋藤憧弥君が卒業研究の一環として台北の音楽教師と共同開発中の XyloStoriesを出展してきました.加えて,大学院生と4年生がオランダからの留学生と共同で開発した英語学習用知育ゲームの FishyFishy!,そして第7回シリアスゲームジャムの最優秀作品Word Crossing等を「日本大学シリアスゲームデザインスタジオ」として出展しました.東京ゲームショウよりも来場者数が多い台北ゲームショウ,日本大学のシリアスゲームは,今後もどんどん海外に進出します.

続きを読む...

その他の記事...

  1. 第7回シリアスゲームジャムで大学院生が特別賞を受賞
  2. 第7回シリアスゲームジャムが開幕
  3. 第51回学術講演会で学部生2名と大学院生2名が受賞しました
  4. 12月に第7回シリアスゲームジャムを開催します
  5. 「e-sportsは日本を変える!?」第2回シンポジウムを実施しました
  6. 学生が開発したアプリ2本がApp StoreとGoogle Playでリリース中!
  7. 4年生が国際会議JSST2018で発表しました
  8. 東京ゲームショウでの出展終了来場感謝
  9. 東京ゲームショウ2018に出展します!
  10. 大学院1年の榎本知幸君が第37回数理科学講演会で学生奨励賞を受賞
  11. 3年生4名が国際アプライドゲームジャムに参戦,優秀賞を2件受賞!
  12. オープンキャンパスを行いました
  13. 大学院生がスペインで開催された国際会議で発表しました
  14. 3年生が国際大学生ゲームジャムで優秀参加者賞を受賞
  15. 3年生の留学生2名が参加する国際大学生ゲームジャムが開幕
  16. 1年生全員がポスター発表を行いました
  17. 大学院生がIEEEの国際会議DUHDe2018で発表しました
  18. 新入生オリエンテーション
  19. 今年の春休み中も多くの学生が各地で開催される学会発表を楽しんでます
  20. 学部3年生の齋藤大誉君が学生奨励賞を受賞しました
  21. 大学院生2名がIEEEの国際会議WRTLT2017で発表しました
  22. 大学院の渡辺開人君が自動車技術部会で最優秀講演賞を受賞!
  23. 中国・河北美術学院で古市先生がシリアスゲームの現在と今後について講義をしました
  24. イリノイ大学iSchoolの高澤有以子先生による特別講義のお知らせ
  25. シリアスゲームジャムで留学生と4年生が優秀賞を受賞!
  26. タクマシイイカオに新コンテンツが追加されました
  27. 第50回学術講演会で3名の学生が優秀学生発表賞を受賞!
  28. 3年生の伏見君がTV番組The Challenge Impossibleに出演しました
  29. 日大二中の生徒さん80名が数理情報工学科を訪問
  30. Kent State University ESLの所長他が数理情報工学科を訪問
  31. 大学院生2名が国際会議WRTLTで発表しました
  32. 第6回シリアスゲームジャムを開催します!
  33. 国際ゲームジャムで4年生が銀賞を受賞しました
  34. 大学院生が博士号の授与を受けました
  35. 東京ゲームショウ2017で学生が作品を出展!
  36. 日本デジタルゲーム学会で大学院の学生が学生奨励賞を受賞しました
  37. 日大・東邦大合同シンポジウムFS2YNを開催しました
  38. 韓国で開催された国際ゲームジャムに4年生の学生が参加しました
  39. 古市教授と4年生の学生がBS-TBSの番組「諸説あり!」に出演します
  40. BS-TBSの番組収録が行われました
  41. 8月5日と6日はオープンキャンパスを行います
  42. 3年生の伏見有史君がルービックキューブ世界大会から帰国
  43. オープンキャンパスを行いました
  44. 女子中高生のためのオープンキャンパスで先輩が講演
  45. 数理情報工学科をもっと知る動画を公開中
  46. Twitterもご利用いただけます
  47. 見坐地 一人教授が自動車技術会のJSAE フェローエンジニアの認定を受けました
  48. スポーツ大会で2位を獲得しました!
  49. メディアデザインコース3年の高橋昂大君が情報処理学会全国大会で学生奨励賞を受賞しました
  50. 情報工学コース3年生の新井君が日本デジタルゲーム学会年次大会で学生奨励賞を受賞しました
  51. 松田先生の送別会を行いました
  52. Study in the USA 2017 シアトル組現地レポート 発信中
  53. サンフランシスコで開催されているゲームアクセシビリティカンファレンスで第5回シリアスゲームジャムが紹介されたそうです
  54. オランダ大使館で開催された第1回シリアス&アプライドゲームサミットで学生が成果を展示し,ゲームの持つパワーについて各国の専門家と共にデモと議論を通して語り合いました
  55. タイ国で開催された国際会議で大学院生が発表した論文がBest Paper Awardを受賞!
  56. 日本デジタルゲーム学会主催第5回シリアスゲームジャムで優秀賞と特別賞を受賞しました!
  57. アカデミー賞受賞者のLes Zellan氏に大学院で講義をしていただきました
  58. 桜泉祭・数理情報神輿・史上最少の担ぎ手に大久保商店街が盛り上がる
  59. 日大野球部 東都で12年ぶりの優勝を裏方として支えた学生コーチは数理情報工学科4年の入江君です! 
  60. 第5回シリアスゲームジャムが12月に実施されます
English French German Italian Portuguese Russian Spanish
Flag Counter

Search